1. トップ
  2. 協会ニュース一覧
  3. 2017年10月12日付け協会ニュース
協会ニュース

熊本市にキャンピングカーを提供

熊本県下に甚大な被害をもたらした「平成28年熊本地震」から、およそ14ヶ月が過ぎました。いまなお、震災の傷、震災の爪痕に苦しんでいる方が、大勢いらっしゃいます。

いまだに続く地震やその二次災害を予防し、有事の場合に救援・支援する車両が足りないという地元熊本市や被災者の声を聞き、日本RV協会九州地域部会では“災害対策・救援車”を熊本市へ寄贈することになりました。

県内屈指の大型イベントである「九州キャンピングカーショー」を開催してきた産業展示場グランメッセ熊本は、先の熊本地震で傷つき、その影響で昨年は同イベントも中止を余儀なくされましたが、この度、今年7月に震災復旧工事を終えリニューアルオープンし、9月30日(土)より10月2日(月)までの3日間「九州キャンピングカーショー2017」が開催されました。

9月30日(土)に当該イベントの特設ステージにおいて贈呈式が開催され、当協会会長 降旗貴史から熊本市政策局危機管理監 井上学 様へキャンピングカーの車両キーが手渡されました。

当協会では、本日お届けした車両が、地域の皆様にお役に立つことを心から願っており、このことを機に多くの方々に、当協会の復興支援活動への取り組みなどをご理解いただけたら幸甚に存じます。

■日時、場所
2017年9月30日(土曜日) 午前9:30
「九州キャンピングカーショー2017」特設ステージにて

■車両提供
一般社団法人日本RV協会 九州地域部会員

■寄贈先
熊本市政策局危機管理課

贈呈式の模様  熊本市政策局危機管理監 井上学 様(右)と当協会 降旗会長(中央)、古賀九州地域部長(左)

贈呈車両

今回贈呈された車両

一般社団法人日本RV協会

関連ニュース

「RVパーク」が車中泊場所として3年連続利用者増加! 海の京都・富士の麓・道の駅・老舗レストラン、この夏利用したい施設が続々オープン 日本RV協会認定の車中泊スペース“RVパーク”が2022年6・7月に7カ所オープンし全国274カ所に 快適に車中泊を楽しめる場所がより身近な存在へ

2022年08月05日公開 (2022年08月05日更新)

JRVA会員の(株)クルーズカンパニーと、茅ヶ崎市が「災害時における車両の支援に関する協定」を締結しました。 災害支援、被災地復興にキャンピングカーを活用頂きます。

2022年07月25日公開 (2022年07月25日更新)

キャンピングカーに今最も求められているのは「居住性と快適性」 キャンピングカー白書2022発表! ~国内キャンピングカー累積保有台数・販売売上合計額が過去最高を更新~ テレワーク需要や防災意識の高まりで搭載装備ニーズは発電機・ソーラーパネル等の電源システムが最上位に

2022年07月22日公開 (2022年07月25日更新)

駐車場の利用環境向上を目指して ~道の駅「摩周温泉」で予約制駐車スペースを提供~

2022年07月01日公開 (2022年07月01日更新)

ディズニーが公認した日本製キャンピングカーが発表されました。

2022年07月11日公開 (2022年07月13日更新)