1. トップ
  2. 協会ニュース一覧
  3. 2022年09月09日付け協会ニュース
協会ニュース

快適な「車中泊」で旅の選択肢を広げるRVパーク続々オープン!
ムーミンバレーパーク含む複合施設メッツァ隣接でローカルツーリズムを楽しむ拠点などへ
日本RV協会認定の宿泊スペース“RVパーク”が2022年8月に6カ所オープンし全国281カ所に
安心そして快適に車中泊を楽しめる場所がより身近な存在へ

一般社団法人日本RV協会(会長:荒木 賢治、所在地:神奈川県横浜市、以下:JRVA)では、「快適に安心して車中泊が出来る場所」として車中泊施設“RVパーク”を全国に広めています。

JRVAは2012年より、全国各地に温泉、旅館、道の駅、遊園地等々の様々な施設でRVパークの設置を進めており、この度ムーミン物語の世界観が楽しめるムーミンバレーパークなど、北欧空間を楽しむことが出来る複合施設メッツァに隣接した「メッツァRVパーク」がオープンし、全国で利用出来る施設は281カ所(2022年8月末時点)となりました。

※日本RV協会認定車中泊施設「RVパーク」はこちらからご覧いただけます https://www.kurumatabi.com/rvpark/list.php

 

「メッツァRVパーク」隣接の複合施設メッツァ

「車中泊」は、海外では幅広い世代に親しまれており生活に身近な存在である一方、日本ではまだそのようなライフスタイルは確立されていません。そのため、違法行為やマナー違反といった扱いを受けたり、長時間駐車が出来る場所は街灯や人気が少ない等、危険が隣り合わせになる可能性がありました。そこでJRVAでは、アメリカを中心に設置されている“RVパーク”を日本独自の「どなたでもご利用いただける・安全かつ快適な・車中泊を楽しめる場所」として、国内で拡充させていくべく、2012年から認定活動を行っています。

 

昨今では人との接触を避けて楽しめるということで「車中泊」に注目が集まっており、キャンピングカーオーナーの75%以上が1度以上利用経験があると回答するなど、以前にも増して需要と重要性が高まってきています。JRVAでは、今後も多くの方が「車中泊」を安心安全に利用出来る“RVパーク”をあらゆるステークホルダーと推し進めるとともに、その存在自体を認知してもらうことで旅の選択肢に多様性が生まれていくようにこれからも取り組んでまいります。

新規認定RVパーク「メッツァRVパーク」施設概要(2022年8月末日時点)

「メッツァRVパーク」は、北欧のライフスタイルを感じられるマーケット、カヌーやワークショップなどのアクティビティ、季節のイベントなどを体験できる「メッツァビレッジ」と、ムーミンの物語を主題とした「ムーミンバレーパーク」 の2つのゾーンからなる複合施設「メッツァ」のエントランスエリアに新しく生まれたRVパーク。ワーケーション利用やペットと一緒に過ごしたりと、安心のプライベート空間での楽しみ方はさまざま。大切な愛車と一緒に快適な時間を過ごしてみませんか?

●メッツァRVパーク(埼玉県)

所在地 :〒357-0001 埼玉県飯能市宮沢327-6
アクセス:圏央道狭山日高インターチェンジから県道262号線経由約5.4km
※ナビでは「メッツァ駐車場」入口となる「宮沢27-44」と入力
施設特徴:トイレ24時間利用可、暖房便座トイレ、入浴施設(温泉)、ごみ処理対応可、電源(有料)あり、水道(無料)あり、ペット同伴可
電話番号:0570-03-1066(営業時間 10:00~18:00 ※平日・土日祝日ともに)
利用料金:4,000円~(1泊/1台、一般利用時)
公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1082.html

その8月開設RVパーク施設概要(2022年8月末日時点)

RVパーク雪月花廊inきもべつ(北海道)

北海道喜茂別町にある2003年に閉校した旧双葉小学校を活用した施設。カフェ、キャンプ場、ゲストハウス、ライダーハウス、史料館を併設し、この度新たにRVパークとして運営を開始。校舎内はレトロな空間に包まれ大人も子どももどこか懐かしい気持ちになれる空間でいっぱいです。雪月花廊で是非旅の思い出を刻んでみませんか?

所在地 :〒044-0461 北海道虻田郡喜茂別町中里392
アクセス:札幌駅から車で1時間30分
施設特徴:トイレ24時間利用可、暖房便座トイレ、入浴施設(施設内、シャワーあり)、ブラック&グレー対応、ごみ処理対応可、水道(無料)あり、コインランドリーあり、ペット同伴可、Wi-Fiあり、朝食/夕食OK、宿泊予約OK
電話番号:0136-33-6067(携帯:090-3112-0208、ランチタイム(12:00~14:00)、夕食提供時間(17:00~19:00)以外は、お控え下さい。)
利用料金:1,800円~(1泊/キャンピングカー1台 大人1名、一般利用時)
公式HP: https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1085.html

 

RVパークドームハウス唐津(佐賀県)
所在地 :〒847-0133 佐賀県唐津市湊町368-1
公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1048.html

RVパークせせらぎオートキャンプ場RedBean(福島県)
所在地 :〒967-0515 福島県南会津郡南会津町大桃字平沢山
公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1069.html

RVパーク関あじ関さば館(大分県)
所在地 :〒879-2202 大分県大分市白木949
公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1068.html

RVパークフォレストアドベンチャー・高知(高知県)
所在地 :〒785-0504 高知県高岡郡津野町芳生野乙5422
公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1074.html

「キャンピングカー白書 2022年版レポート」発行

「キャンピングカー文化を日本に!」をテーマに、普及・市場の育成・環境整備の活動を行っているキャンピングカー製造・販売事業者等の会員で構成されたJRVAが、毎年会員企業のキャンピングカーメーカーおよび販社ならびにキャンピングカーユーザーに対して、年に1度、調査・集計した結果を基に発表するキャンピングカーに特化した報告書。詳報については書籍としてJRVA事務局にて発売中。

お問合せ先:https://www.jrva.com/inquiry/contact.html

WEB広報誌「JRVA PRESS 2022. AUTUMN」発行

最新号では「キャンピングカーと防災を考える」と題して、復興した東北を巡るジャルバくんのふれあい旅を特集しました。⽇本三景である松島からスタートし、復興した街の景⾊や⾷をご紹介。旅の途中で出逢ったキャンピングカーオーナーの震災体験をはじめ、各企業が⾏った震災時のサポートなど、災害時のキャンピングカー活⽤について掲載しています。以下、HP内のPDFファイルリンクよりご覧いただけます。タイトル、表紙画像をクリックすると、全ページのPDFがご覧いただけます。データが重くダウンロードできない場合は、分割データをご覧ください。

https://www.jrva.com/media/

 

一般社団法人日本RV協会

関連ニュース

JRVA会員の(株)ナッツと、大宰府が「災害発生時等におけるキャンピングカーの提供に関する協定書」を締結しました。 災害支援、被災地復興にキャンピングカーを活用頂きます。

2022年09月28日公開 (2022年09月28日更新)

JRVA、4年ぶり東京開催の「ツーリズムEXPOジャパン2022」出展! “旅”がテーマの祭典でキャンピングカーを中心とした美しい日本の「くるま旅」を提案 ~国内市場が活発なキャンピングカーを横浜・大阪で主催するイベントでもアピール~

2022年09月20日公開 (2022年09月20日更新)

日本RV協会 広報誌「JRVA PRESS 2022.AUTUMN」を掲載しました

2022年08月26日公開 (2022年08月30日更新)

キャンピングカーユーザーの98%が災害時のプライベートスペースや電源確保に期待。購入後のライフスタイル変化で4人に1人が「災害への備え意識が高まる」 ~アクティビティだけではなく防災の側面も。東京・北海道開催のキャンピングカーショーでアピール~

2022年08月24日公開 (2022年08月24日更新)

「RVパーク」が車中泊場所として3年連続利用者増加! 海の京都・富士の麓・道の駅・老舗レストラン、この夏利用したい施設が続々オープン 日本RV協会認定の車中泊スペース“RVパーク”が2022年6・7月に7カ所オープンし全国274カ所に 快適に車中泊を楽しめる場所がより身近な存在へ

2022年08月05日公開 (2022年08月05日更新)