1. トップ
  2. 協会ニュース一覧
  3. 2022年08月24日付け協会ニュース
協会ニュース

キャンピングカーユーザーの98%が災害時のプライベートスペースや電源確保に期待。購入後のライフスタイル変化で4人に1人が「災害への備え意識が高まる」
~アクティビティだけではなく防災の側面も。東京・北海道開催のキャンピングカーショーでアピール~

一般社団法人日本RV協会(会長:荒木 賢治、所在地:神奈川県横浜市、以下:JRVA)は、2022年7月にキャンピングカーの祭典「東京キャンピングカーショー2022」「北海道キャンピングカー&アウトドアショー 2022」を開催いたしました。
同イベントでは各キャンピングカーメーカーによる車両展示の他、JRVAによるキャンピングカーに関する情報を発信するブースも設け、キャンピングカーの非常時での活用法を伝える展示なども行いました。キャンピングカーの「防災」に対してのニーズは日々高まっており、先般JRVAが発表した「キャンピングカー白書2022」では、実際のキャンピングカーユーザーに調査した「災害時にキャンピングカーに期待すること」や「購入後の意識変容」についてまとめております。

「東京キャンピングカーショー2022」の様子

購入後のライフスタイル変化で4人に1人が「災害への備え意識が高まる」

JRVAが全国のキャンピングカーユーザーを対象に、キャンピングカー購入後のライフスタイル変化について調査した所、「時間を気にせずに旅行ができるようになった」「今まで行けなかった場所を目的地にできるようになった」という回答が多く見受けられました。これは、公共交通機関ではたどり着くことができない場所、もしくは、宿泊施設のない場所での宿泊などを目的地として、キャンピングカーの利便性を発揮した使い方をしている証しと考えられます。また、「災害等への備えの意識が高まった」と答えたオーナーが25.8%となり、キャンピングカーが防災対策として認識されていることも分かりました。レジャー用途、防災、テレワークなど、いろいろな使い方が提案されているキャンピングカーが、実際にオーナーのライフスタイルに変化を及ぼしていることが見えてきました。

続いて、キャンピングカーが災害時に活躍するかどうかについて調査すると、98.4%が災害時に活躍すると感じていることが分かりました。キャンピングカー購入のきっかけとしても、4人に1人が防災・災害対策を考えていたことからも、その機能性について期待するオーナーが多いことが分かっていましたが、今や「キャンピングカー=アウトドアライフを楽しむもの」という枠に収まらない形で活用されていることが分かります。具体的に、どのような形での活躍が期待されているのかを調査すると「空間(プライバシー)の確保」が最も多く、次いで「電源の確保」が挙げられました。キャンピングカーの電源は、走行充電・ソーラーパネルなどからも充電できることから、災害時であっても電気を確保できるため、停電になったとしても、明かりの確保以外にもスマホ充電など、現代生活に欠かせない生活を維持できることが大きなメリットとなります。こうしたことからキャンピングカーは、災害時の安心感を提供することにも適していると考えられます。

実際に一部の地方自治体では、キャンピングカーを活用する形での災害協定が多く結ばれるようになってきています。背景などについてはこちらをご覧ください。 https://prtimes.jp/story/detail/xzmvV2teZXB

JRVAでは、エンジンを切ったままでもエアコンやヒーターが使えるようになるなど、シェルターとしてのポテンシャルの高さから「防災」としての役割にも注目されているキャンピングカーの可能性を全国のイベント会場で提示しています。ぜひお近くのイベントへご来場の上、最新のキャンピングカーライフスタイルに触れてみてください。

「キャンピングカー白書 2022」発行

「キャンピングカー文化を日本に!」をテーマに、普及・市場の育成・環境整備の活動を行っているキャンピングカー製造・販売事業者等の会員で構成されたJRVAが、毎年会員企業のキャンピングカーメーカーおよび販社ならびにキャンピングカーユーザーに対して、年に1度、調査・集計した結果を基に発表するキャンピングカーに特化した報告書。詳報については書籍としてJRVA事務局にて発売中。

お問合せ先:https://www.jrva.com/inquiry/contact.html

2022年 JRVA主催キャンピングカーイベントについて

JRVAは、キャンピングカーやキャンピングトレーラー、人気の軽キャンピングカーなど多種多様な車をビギナーの方でも楽しめるように展示するイベント開催を全国各地で予定しています。直近開催予定のイベントは以下の通りです。各イベントの開催状況や要件等については、イベントHPやSNS等で随時告知いたします。

名古屋キャンピングカーフェア2022 Autumn https://jrva-event.com/nagoya/
9月10日(土)~ 11日(日)|ポートメッセなごや3号館


横浜キャンピングカーショー2022 https://jrva-event.com/yokohama/
9月23日(金・祝)~ 25日(日)|パシフィコ横浜 ホールD

 

※その他イベント情報 https://jrva-event.com/

 

一般社団法人日本RV協会

関連ニュース

JRVA会員の(株)ナッツと、大宰府が「災害発生時等におけるキャンピングカーの提供に関する協定書」を締結しました。 災害支援、被災地復興にキャンピングカーを活用頂きます。

2022年09月28日公開 (2022年09月28日更新)

JRVA、4年ぶり東京開催の「ツーリズムEXPOジャパン2022」出展! “旅”がテーマの祭典でキャンピングカーを中心とした美しい日本の「くるま旅」を提案 ~国内市場が活発なキャンピングカーを横浜・大阪で主催するイベントでもアピール~

2022年09月20日公開 (2022年09月20日更新)

快適な「車中泊」で旅の選択肢を広げるRVパーク続々オープン! ムーミンバレーパーク含む複合施設メッツァ隣接でローカルツーリズムを楽しむ拠点などへ 日本RV協会認定の宿泊スペース“RVパーク”が2022年8月に6カ所オープンし全国281カ所に 安心そして快適に車中泊を楽しめる場所がより身近な存在へ

2022年09月09日公開 (2022年09月09日更新)

日本RV協会 広報誌「JRVA PRESS 2022.AUTUMN」を掲載しました

2022年08月26日公開 (2022年08月30日更新)

「RVパーク」が車中泊場所として3年連続利用者増加! 海の京都・富士の麓・道の駅・老舗レストラン、この夏利用したい施設が続々オープン 日本RV協会認定の車中泊スペース“RVパーク”が2022年6・7月に7カ所オープンし全国274カ所に 快適に車中泊を楽しめる場所がより身近な存在へ

2022年08月05日公開 (2022年08月05日更新)