キャンピングカーの日本RV協会-JRVA
キャンピングカー・ビルダー、ディーラーが加盟する一般社団法人日本RV協会(JRVA)が提供するキャンピングカー情報
イベント情報
会員新着情報
新車・新製品情報
レンタル情報
くるま旅WEBサイト
キャンパーの情報広場
キャンピングカー基礎知識
お役立ちリンク
日本RV協会ニュース
協会会員名簿
JRVAトップ協会ニュース・トップ > 2015年9月7日付けプレスリリース

キャンピングカーでの遊び方「オーナーレポート」大募集!

 

トピックス&ニュース

キャンピングカー旅行での教育効果に期待している親たちは8割!
3割が子供の独立後も休みを調整して旅行すると回答
〜子供や孫とのキャンピングカー旅行の楽しみ方に関する調査結果発表〜

[ 2015年9月7日付け プレスリリース ]

 当協会では、欧米などに比べるとファミリー向けのキャンピングカーが多い国だと言われている日本のキャンピングカーユーザーが、子供や孫とどのような旅行を楽しんでいるかを調査しました。この調査は、家族旅行やお盆の帰省などが多い夏休み期間に行われました。

 

キャンピングカー旅行が子供の成長をうながすと実感している親たちは8割

 設問【1】において、まず「キャンピングカーで観光地を巡ったり、海、高原で自然に触れることは、お子様やお孫さんの情操を高めたり、知識を増やしたりすることに役立つと思われますか」と尋ねました。
 それによると、66.5%のユーザーが「たいへん役立つと思う」と回答し、14.8%の人が「多少役立つと思う」と答えています。

 この両者を合わせると、81.3%にもなることから、ユーザーの大半が、キャンピングカー旅行には子供の情操を高めるなどの教育効果があることを認めていることがわかりました。(※図表1)

図表1:キャンピングカーで、いろいろな観光地を巡ったり、海、高原、キャンプ場で自然に触れることは、お子様やお孫さんの情操を高めたり、知識を増やしたりすることに役立つと思われますか。 では、親たちは、子供や孫に対して、具体的にキャンピングカー旅行から何を学びとってほしいと思っているのでしょうか。設問【2】でそれを尋ねてみました。
 最も多かった回答は、「旅行を通じて、親・兄弟姉妹などの家族の繋がりの大切さを感じてもらいたい」(31.5%)というもので、キャンピングカー旅行が、家族の絆を確かめ合うための良い機会であることを示すものでした。
 次に多かった回答は「動植物の生態や天候の変化の読み方、星座観察など、自然に対する興味や関心を持ってもらいたい」というもので、27.3%を示しました。

 他に「地方のグルメに触れ、さまざまな食材、調理法を知って食生活の大事さを知ってほしい」(10.3%)、「ナイフの使い方、火の熾し方、ロープの結び方など、災害が起きたときにも役立つ知識を身につけてもらいたい」(9.7%)などという回答もありました。(※図表2)

図表2:ファミリーでキャンピングカー旅行されたとき、お子様やお孫さんに何を学び取ってもらいたいと思いますか。

 では、実際に子供とキャンピングカー旅行をしている親たちは、旅行先でどのような時間を過ごしているのでしょう。
 設問【3】でそれを尋ねたところ、(1)「キャンプ場に出かけ、オーニングの下でバーベキューなどを楽しむ」(20.1%)、(2)「釣りや天体観測、野鳥観察などの自然を研究する」(18.7%)、(3)「家族で食事しながら、日ごろ家ではもてない団らんを楽しむ」(17.9%)という回答が続きました。

 このような回答から、子供たちとキャンピングカー旅行する親たちは自然の中で、普段家ではできないことなどをしつつ、日頃おろそかになりつつある家族の団らんの時間を過ごしている様子が伝わってきました。(※図表3)

図表3:お子様やお孫さんとキャンピングカー旅行をされるとき、現地でどのような時間を過ごすことが多いですか。

 このように、本調査からは、子供や孫と仲良く旅行を楽しんでいるユーザーの様子が浮かび上がってきましたが、子供が思春期を迎える頃になると、家族旅行に同行しなくなるという話もよく聞きます。  そこで、親子でキャンピングカー旅行を楽しめるのは、子供が何歳ごろまでだと親たちは考えているのかもリサーチしてみました。
 それによると、多くの親たちが、子供が小学校高学年から中学ぐらいまでの時期であると考えていることがわかりました。ちなみに、小学生から中学生までと答えた人の比率は下記のとおりです。

 「小学校の高学年(11〜12歳)ぐらいまで」(30.4%)、「中学生(13〜14歳)ぐらいまで」(18.9%) 。
 しかし、「子供との関係が良好なら、特に年齢は関係ない」(35.8%)という回答もあり、多くの親たちは、子供が家族旅行に同行したいという気持ちを持つ限り年齢は関係なく、むしろ心の繋がりを大事にしていることがわかりました。(※図表4)

図表4:子供と楽しいキャンピングカー旅行ができるのは、お子様が何歳ぐらいまでだと思われますか。

子供が社会人になっても同伴旅行は楽しめる。孫との旅に期待する声も

 ところで、子供たちが成長し、社会人になってからも、親とキャンピングカー旅行を楽しむチャンスはあるのでしょうか。今回の調査では、そこも調べてみました。
 いちばん多かった回答は、「子供が経済的に自立したり、結婚したりすると、一緒にキャンピングカー旅行をすることはほとんどない」というもので、37.1%を示しました。
 ところが、それとほぼ同じぐらいの比率で、「子供たちが独立しても、休みを調整してキャンピングカー旅行を楽しむことがある」(30.5%)という回答も浮上してきました。2番目の回答には、家族間の結びつきを深めるツールとしてのキャンピングカーの特徴がそのまま反映されているといえましょう。(※図表5)

図表5:お子様・お孫さんが成人して、経済的に自立した後も、一緒にキャンピングカー旅行をすることはありますか。

 最後に、キャンピングカー旅行とお孫さんとの関わりも調べてみました。
 1位を占めたのは「孫はいない」(37.7%)という回答でしたが、2位、3位あたりの回答を見てみると、「孫はいないが、孫ができたら一緒に旅行に行ってみたい」(22.8%)、「まだキャンピングカー旅行に孫は連れていったことはないが、そのうち孫を伴った旅行ができることを楽しみにしている」(13.2%)というデータが並び、孫を伴うキャンピングカー旅行に非常に期待を寄せているユーザーが多いことが判明しました。

 また、実際にお孫さんとのキャンピングカー旅行を体験している人たちも増えつつあり、「子供夫婦と孫の3世代のキャンピングカー旅行を楽しむことがある」(12.3%)、「子供夫婦が忙しいために、自分たちが孫を連れてキャンピングカー旅行を楽しむ」(11.4%)という回答も見られました。(図表6)

図表6:お孫さんがいた場合、お孫さんとキャンピングカー旅行をするときは、どのような旅行になりますか。

調査結果からのまとめ

 これらの調査結果より、多くのユーザーが「キャンピングカー旅行は子供の情操を高め、かつ家族同士の結びつきを強める」と実感していることがわかりました。
 また、孫とのキャンピングカー旅行に期待を寄せているユーザーが多いことも、本調査から浮かび上がりました。
 日本には高齢化社会が到来しているといわれる昨今ですが、キャンピングカーユーザーの間においては、シニアとその下の世代との交流も盛んで、キャンピングカー旅行には世代を問わない楽しみ方が溢れていることを汲み取れる調査結果となりました。

【調査概要】
調査地域:全国
調査対象:日本RV協会ホームページ閲覧者
調査手法:Webアンケート
調査時期:2015年7月18日〜8月17日

近日オープンしたRVパークのご紹介

RVパークスパ泉ヶ岳写真

RVパーク ユーランド(秋田県)
8月2日オープン。ユーランドホテル八橋(健康センター)の敷地内にあり、深夜二時まで注文できるレストランなど館内設備も充実。使い勝手がよく旅の疲れを癒しに、ぜひともご利用ください。

【利用料金】 1泊 2,160円/1台(トレーラー含む)

【住所】 秋田県秋田市八橋イサノ2-16-29 TEL:018-863-7811

 

RVパーク 京都南 鴨川RVサイト(京都府)
8月2日オープン。「バンテック京都」内に、当協会が認定する関西初の『RVパーク京都南 鴨川RVサイト』がオープン。友禅流しや納涼床で有名な鴨川がRVパークのそばに流れていて、京都の中心部に通じる川沿いのサイクリングコースや林間の遊歩道があり緑豊かな気持ちよい処です。春には桜も満開です。

【利用料金】 入庫後30分無料。以後30分毎に100円。24時間最大3000円

【住所】 京都府京都市伏見区中島河原田町62 TEL:075-601-6166

 

RVパーク 道の駅虹の森公園まつの(愛媛県)
8月6日オープン。四万十川の上流域にあり、海、山、川の様々なアウトドアフィールドの拠点となる場所にあります。また、磯釣りから鮎の友釣り、フライやてんからなどのフィッシング、南予アルプスのトレッキング、国立公園内でのダイビングやシュノーケリング、四万十川でのカヌー、そして今話題の国立公園滑床渓谷キャニオニングなど、どれも日本トップクラスのアウトドアフィールドに囲まれています。

【利用料金】 1泊 1,000円/1台(トレーラー含む)

【住所】 愛媛県北宇和郡松野町延野々1510-1 TEL:0895-20-5006

 

RVパークスパ泉ヶ岳(宮城県)
8月8日オープン。仙台市内初のRVパーク!仙台都心から車で50分、宮城県立自然公園船形連邦内にある、標高1,175m泉ヶ岳の麓。大自然と都心からも近いため、登山、スキーなどのレジャーやアウトドア目的でファミリーを中心に通年を通してたくさんの方々が訪れます。

【利用料金】 1泊 2,000円/1台(トレーラー含む)

【住所】 宮城県仙台市泉区福岡上鼬原12-9 TEL:022-376-6111

 

RVパーク施設一覧⇒ http://www.kurumatabi.com/rvpark/list.html

大阪キャンピングカーフェア2015 〜秋の大商談会〜開催迫る

 2015年9月12日(土)から13日(日)にかけて、関西で最大級のキャンピングカーイベントである「大阪キャンピングカーフェア 2015」が開催されます。
 最新モデルの国産キャンピングカーはもちろん、輸入車、中古車、特選車と種類も豊富なラインナップでライフスタイルに合わせて選んでいただける魅力いっぱいのイベントです。

大阪キャンピングカーフェア2015

【開催日時】
2015年9月12日(土)〜13日(日) 10:00〜17:00

【会場】
インテックス大阪5号館A・B(大阪市住之江区南港北1丁目5-102)

【主催】
大阪キャンピングカーフェア2015 実行委員会

【後援】
関西テレビ

【入場料】
<一般(高校生以上)> 前売700円/当日1,000円
<小・中学生> 前売400円/当日600円
<未就学児> 無料
<ペット> 100円

【内容】
キャンピングカーの展示・販売、各種物販などの総合イベント

【HP】
http://jrva-event.com/event/occf/

【お問い合わせ】
大阪キャンピングカーフェア2015事務局TEL:06-6353-5738

 

【一般社団法人 日本RV協会】
人と車と自然が一体となった豊かで潤いのある「くるま旅」を提唱し、キャンピングカーライフを日本に根付いた文化として育成・発展させるためにさまざまな活動を行っています。

▲上へ 

JRVAについて | くるま旅 | 個人情報の取り扱い | JRVAへのお問い合わせ | サイトに関するお問い合わせ | サイトマップ
Copyright (C) Japan Recreational Vehicle Association Office . All Rights Reserved.