1. トップ
  2. 協会ニュース一覧
  3. 2016年04月25日付け協会ニュース
協会ニュース

GWのキャンピングカー旅行についての調査
計画はのんびり立て、「夫婦2人旅」が過半数を占める

 一般社団法人日本RV協会(所在地:東京都町田市、会長:増田 浩一)では、キャンピングカーユーザーがこのゴールデンウィーク(GW)にどのような旅行計画を立てているのか、計画を練る時期、旅行先、家族構成、宿泊数、宿泊場所等九つの項目に分けて調査しました。
 それによると、旅行計画はGWの直前に立てる傾向が強いことが判明し、目的地としては東北・九州が人気を2分(2016年4月17日現在)。家族構成は夫婦2人、宿泊数は2泊3日、休憩・仮眠の候補地としては道の駅が6割を超える等、さまざまな興味深いデータが浮かび上がってきました。
日本RV協会URL: http://www.jrva.com/

GW直前に旅行の計画を立てるユーザーが7割

 この調査は、2016年3月18日から4月17日にかけて、当協会のホームページに寄せられた約230人のユーザーアンケートを集計したものですが、まず3月中旬から4月中旬の調査期間中に、どれくらいのユーザーが旅行計画を立てているのかを調べました。
 それによると、実際のGWがスタートする40日前~1ヶ月前ぐらいの状況では、「何も決めていない」という回答が27.9%を占めてトップに立ちました。
 そのほかの回答においても、「詳細までは詰めていないが、大まかな計画は練っている」(16.2%)、「行先だけは漠然と決めている」(14.8%)、「GW直前の観光情報・気象情報などを見てから決める」(14.4%)等という“のんびりした”回答が7割を超え、「具体的な詳細まで決まっている」という回答はわずか14.0%にとどまりました。
 このことから、ホテルや旅館に事前の予約を入れなくても気ままな旅行ができるキャンピングカーの特性が非常によく表れているように感じます。(図表1)

図表1

「行ってみたい」場所としては、ここ数年「東北」が上位を占める

 では、その旅行の目的地として挙げられたエリアはどのようなものだったでしょうか。トップに立ったのは、ともに15.1%を獲得した「東北」と「九州」でした(2016年4月17日現在)。以下、「北信越」(12.9%)、「関東」(11.5%)と続き、これまで長期旅行の目的地としてダントツの人気を誇っていた「北海道」(7.9%)は7位に後退しています。
 なお、今回の調査でトップに立った「東北」は、GWの旅行先ではここ数年人気エリアに上がっており、2012年では2位、2013年は3位でしたが、2014年では「行ってみたい場所」のトップを獲得しています。(図表2)

図表2

「夫婦2人」がペット同伴で旅行を楽しむという傾向が顕著に

 GW旅行を楽しむときの家族構成はどのようになっているのでしょうか。これもここ数年の間に変化が訪れています。2013年の調査においては、「小学生~中学生の子供を交えた家族」という回答が59.7%を占め、「夫婦2人」(35.3%)という回答を大きく引き離していました。
 しかしながら、2014年の調査では、「夫婦2人」という回答が半数を超える54.2%に浮上し、「子供を連れたファミリー」という回答を逆転しています。
 今回の調査においても、前回調査と同じく「夫婦2人」という回答が57.4%を獲得してトップに立ち、「小学生以上の子どもを入れたファミリー&小学生までの子どもを入れたファミリー」(合わせて27.9%)を引き離しています。(図表3)

図表3

 「夫婦2人旅」が増える傾向は、『キャンピングカー白書2014』における旅行時の家族構成のデータを裏付けるものであり、今後のトレンドとして定着していくように思われます。

仮眠・休憩は「道の駅」。1日の旅行予算は1万円未満

 GWのキャンピングカー旅行では、ユーザーは主にどんな場所で休憩・仮眠を取るのでしょうか。
 当協会では、2014年にも同様の調査を行いましたが、そのとき1位を獲得した回答は「道の駅」(67.5%)でした。今回の調査でも同じように「道の駅」が61.9%を占めてトップに立ちました。(図表4)

図表4

 このように、「道の駅」の休憩をメインに据えたキャンピングカー旅行は、概してホテル・旅館等に宿泊する旅行と比較すると、それなりに低予算ですむことが容易に想像されますが、それでは、キャンピングカーユーザーは1日当たりどれくらいの旅行予算を組んでいるのでしょうか。
 1番回答が多かったのは、「8,000円~10,000円未満」(23.2%)というものでした。2番目は「3,000円~5,000円未満」(19.2%)、3番目の「特に決めていない」を挟んで、4番目は「5,000円~8,000円未満」(14.1%)となりました。(図表5)

図表5

 一般的に、ホテル泊を前提とした自動車旅行では、高速道路代・ガソリン代まで含めると、大ざっぱに見積もって1家族あたり1日20,000円~50,000円程度といわれています。それに比べると、キャンピングカー旅行を楽しむユーザーの旅行費用がいかに低予算で組まれているかということが伝わってきます。

日程を切りつめても、旅の目的地を遠いところに設定

それでは、今回のGW旅行では、多くのユーザーはいったいどれくらいの走行距離を予定しているのでしょうか1番多かった回答は、「~1,000km未満」(37.8%)、2番目が「~500km未満」(36.6%)、3番目は「~2,000km未満」(12.2%)というものでした。一方、「~100km未満」という人は、わずか3.5%に過ぎませんでした。。
この結果から、96%以上の人が、自宅から100km以上離れた場所を目的地に定めていることが伝わってきます。(図表6)

図表6

 では、旅行日程はどのようになっているのでしょうか。
 今回のGWは、土曜日がお休みの企業ならば、2日有休を取るだけで最大10連休も可能になっています。
 そのことを踏まえ、アンケート調査に応えたユーザーは、実際にどのくらいの旅行日程を立てているのでしょうか。
 1番多かったのは、「2泊3日」で28.2%。次が「3泊4日」で27.6%。3番目は「4泊5日」の16.5%というものでした。こうしてみると、10連休が可能とはいいながらも、7割以上のユーザーが5日以内の旅行日程に収めていることが分かりました。(図表7)

図表7

旅の目的地を決める情報はネットで調べる

 最後に、キャンピングカー旅行の目的地を定めるとき、どのような情報を参考にしているかを尋ねてみました。
 それによると、「インターネット等で得た情報を参考にする」という回答が65.6%を占めて、1位になりました。
 スマートフォン等の普及により、ペーパー媒体やテレビ・ラジオよりもネット経由で旅の情報を取得する傾向がより顕著になってきたことが、この結果からも浮かび上がってきました。(図表8)

図表8

調査結果からのまとめ
<「温泉」と「自然」を満喫する旅に注目が集まる>

 今回の調査において、旅の目的地として「東北」、「九州」、「北信越」が上位を占めていたことに近年のキャンピングカー旅行の特徴が表れていそうです。
 これらの地域に共通した特色を取り出すとすれば、1番に温泉資源が豊富なこと。次に、豊かな自然が息づいていることが挙げられます。
 このことは、旅の家族構成において「夫婦2人」という回答が増えてきたことも関係しているかもしれません。ファミリー主体の旅ならばテーマパークめぐり等も大きな楽しみになりますが、シニアカップルにとっては、温泉と自然を満喫するのんびりとした旅行が「癒し」になります。
 GW期間というのは、春から初夏にかけてのとても気持ちの良い風が吹く季節です。木々の葉も鮮やかな緑に染められます。そんな自然に触れながら、ゆっくりと温泉を楽しむ。多くのキャンピングカーユーザーがそんな旅行を夢見ている状況が伝わってくるような調査でした。

■ 調査概要
調査地域:全国
調査対象:日本RV協会ホームページ閲覧者
調査手法:Webアンケート
調査時期:2016年3月18日~2016年4月17日

 

近日オープンしたRVパークのご紹介

RVパーク湯元榊原館(三重県) [2016年4月4日(月)オープン]

清少納言の枕草子に謳われた「七栗の湯」としても有名な榊原温泉は、日本三名泉にも数えられています。お伊勢参りの前に心身を清める「お伊勢さん湯ごりの地」としても古くから多くの人々に親しまれています。湯元榊原館はその歴史ある源泉を敷地内に保有し、常に新鮮な温泉を源泉かけ流しで提供しています。このRVパークがある三重県津市は三重の真ん中にあり、三重県各所へおおよそ1時間とアクセスも抜群ですので、三重県の観光の拠点・中継地点として活用できます。
【利用料金】 1泊 2,000円/1台(トレーラー含む)
【所在地】 三重県津市榊原町5970
【電話】 059-252-0206
【URL】 http://www.kurumatabi.com/park/rvpark/648.html

RVパークゆばら湯っ足り広場(岡山県) [2016年4月1日(金)オープン]

湯原温泉郷の玄関口にあり、隣接する「ゆばら湯っ足り広場」には源泉かけ流しの足湯や芝生・土広場などもあり、眼下の清流・旭川のせせらぎを聴きながらゆったりと過ごせます。湯原ダムを眺めながら自然を満喫できる露天風呂「砂湯」、日帰り温泉施設、温泉旅館が開放する内湯など湯めぐりも楽しめます。また、周辺エリアには蒜山高原、神庭の滝、のれんの揺れる勝山の町並み保存地区などの観光スポットがあります。
【利用料金】 1泊 1,000円/1台(トレーラー含む)
【所在地】 岡山県真庭市豊栄1525-1
【電話】 0867-62-2011
【URL】 http://www.kurumatabi.com/park/rvpark/649.html

RVパーク サクラリゾート(山梨県) [2016年4月16日(土)オープン]

施設中心にある「シュノンソー」内のレストランでは南アルプスの雄大な眺めを真正面から楽しめ、大浴場・プールもあります。施設内ではグランドゴルフ・テニスが楽しめ、周辺には四季折々の彩りを味わえる「昇仙峡」と日本百名山にも数えられる「茅ヶ岳」など、自然を身近に過ごせます。中央高速韮崎ICより10分とアクセスが良いため山梨県の観光拠点としても利用できます。
【利用料金】 1泊 1,000円/1台(トレーラー含む)
【所在地】 山梨県甲斐市亀沢6949
【電話】 055-260-3100
【URL】 http://www.kurumatabi.com/park/rvpark/651.html

RVパーク 碁点温泉・最上川三難所(山形県) [2016年4月23日(土)オープン]

山形県中央部に位置し、東は奥羽山脈、西は出羽丘陵に囲まれた「最上川三難所そば街道」の発祥の地です。クアハウス碁点には最上川を眺める露天風呂やオールシーズン利用できるSPAプールもあります。周辺スポットでは美しいバラ園とサクランボ狩りが季節により楽しめ、また、芭蕉の「奥の細道」に記された最上川・三難所船下りでスリルを味わいながら最上川の勇壮な自然に触れることができます。
【利用料金】 1泊 1,000円/1台(トレーラー含む)
【所在地】 山形県村山市碁点1034-7
【電話】 0237-56-3351
【URL】 http://www.kurumatabi.com/park/rvpark/652.html

RVパーク 吉和魅惑の里(広島県) [2016年4月24日(日)オープン]

2016年4月に施設全面が改装された「魅惑の里」は心も身体もリフレッシュ出来る総合レジャー施設です。森林が見渡せる露天風呂もある「水神の湯」、地元の食材を使ったレストラン、思い切り背伸びしたくなる芝生広場、広島市内を流れる太田川の源流「焼山川」ではこれからの季節はホタル観賞も楽しめます。
【利用料金】 1泊 2,000円/1台(トレーラー含む)
【所在地】 広島県廿日市市吉和132
【電話】 0829-77-2110
【URL】 http://www.kurumatabi.com/park/rvpark/653.html

RVパーク施設一覧: http://www.kurumatabi.com/rvpark/list.html

【一般社団法人 日本RV協会】
人と車と自然が一体となった豊かで潤いのある「くるま旅」を提唱し、キャンピングカーライフを日本に根付いた文化として育成・発展させるために、さまざまな活動を行っています。

 

 

 

 

 

一般社団法人日本RV協会

関連ニュース

10月20日(水)「北日光奥会津・道の駅きらら289 RVパーク」オープン!(第216号)

2021年10月20日公開 (2021年10月20日更新)

10月15日(金)「RVパーク グリーンステイながうら」オープン!(第215号)

2021年10月15日公開 (2021年10月15日更新)

10月16日(土)「RVパークドローンサイト四季美谷」オープン!(第214号)

2021年10月14日公開 (2021年10月18日更新)

10月11日(月)「RVパーク 父母ヶ浜」オープン!(第213号)

2021年10月11日公開 (2021年10月11日更新)

10月8日(金)「RVパーク道の駅ふれあいパークみの」オープン!(第212号)

2021年10月08日公開 (2021年10月11日更新)