1. トップ
  2. 協会ニュース一覧
  3. 2016年03月07日付け協会ニュース
協会ニュース

3人に1人が「消費税が上がっても欲しい車は購入する」
ユーザーの最新キャンピングカー購入計画調査を発表
~名古屋キャンピングカーフェア開催を前に~

 一般社団法人 日本RV協会(所在地:東京都町田市、会長:増田 浩一)では、2017年実施予定の消費税率10%引上げがユーザーのキャンピングカー購入計画に影響を与えるかどうかを調査しました。
 それによると、消費税アップが購入計画に影響を与えると回答した人の割合は約38%となりましたが、「欲しい車ならば消費税がアップしても購入する」と回答した人々も35%にのぼっていることも判明しました。また、キャンピングカーの購入時にもっとも検討する内容としては装備類の機能およびその価格、そして次期購入予定は国産中型~大型キャブコンが1番人気であることがわかりました。
日本RV協会URL: http://www.jrva.com/

キャンピングカー購入計画に消費税率の引上げが影響すると答えた人は86%

 この調査は、2016年1月18日から2月17日にかけて、当協会のホームページに寄せられた約200人のユーザーアンケートを集計したものです。来年4月に消費税が10%に引上げられた場合、キャンピングカーの購入計画に「大いに影響を与える」と回答したユーザーの率が37.6%であったことがわかりました。この回答に「影響を与える可能性もあるが、まだそこまで深く考えていない」(27.1%)、「多少影響を与える」(21.0%)という回答を足すと、全体の85.7%の人が何らかの形で「影響を受ける」ことを想定している様子が伝わってきました。(図表1)

図表1

 しかしながら、消費税アップが実施されたときに、どのように対応するかという問に対しては、「納期の都合で、消費税アップ分が加算されても、それが欲しい車なのだから、我慢して購入する」という回答がもっとも多く35.1%に達しました。
 次点は「あらかじめ消費税アップ分を考慮し、出費の総額を考慮した車種を選択する」(30.6%)、3番目は「消費税の影響が出ないうちに購入すれば問題がないと思っている」というもので、消費税率が上がることに対して、自分たちの対応策を考えている様子が伝わってきました。(図表2)

 また、「キャンピングカーの購入計画を立てたとき、もっとも慎重に検討されたものを一つ挙げるとすれば、それは何ですか?」と尋ねたところ、「必要だと思っている装備類の機能および(オプションの場合はその)価格」(23.0%)という回答がトップに立ちました。次点は「車両の購入価格」(20.0%)というもので3番目は「保管する駐車スペースと車両サイズ」となりました。(図表3)

 このような回答からユーザーのキャンピングカー購入計画においては、車両や装備類の機能および価格が大きなウエイトを占めていることが伝わってきます。

購入金額は高くても、安全性と装備が充実したキャンピングカーに注目

 今回の調査では、今後2台目3台目と買い替えを考えたとき、それがどのような車になっているかを予想してもらう設問を用意しました。
 それによると「より充実したライフスタイルを実現するために、多少購入金額は高くなっても、より安全性が高く、装備類も充実した居住性の高い車になっていると思う」という回答が39.6%とトップを占めました。また次点は「装備面などで、より時代に適合した新しいものになっていると思う」(29.7%)という回答が浮上しました。3番目には「夫婦2人で使うケースが増えるなど家族構成の変化や、年齢を考えると、今よりも経済的で機動力の高い小型車になっていると思う」という回答も見られ、ユーザーたちが、安全性、装備類の充実、新しいコンセプト、経済性、機動力など総合的な観点に立って購入する車を検討している様子が伝わってきます。(図表4)

図表4

 最後に「今1番気になっている(もしくは購入を検討している)キャンピングカーのジャンルは、ずばり何ですか?」と尋ねてみました。それによると1番多かった回答は「国産中型~大型キャブコン」で25.6%を獲得しました。次は「輸入車」で18.2%。3番目は「標準ボディの国産バンコン」(12.8%)。4番目は「国産小型キャブコン」(12.3%)。以下「国産バスコン」(11.3%)、「スーパーロングサイズの国産バンコン」(10.3%)、「軽キャンピングカー」(4.9%)という順になりました。(図表5)

図表5

 以上のことから「中型・大型キャブコン」、「輸入車」など、多少高額になっても居住性や装備の充実したキャンピングカーに注目が集まる傾向が示されていることがわかります。

調査結果のまとめ
~より充実したキャンピングカーライフを志向する傾向が台頭~

 今回の調査では、ユーザーのキャンピングカー購入計画における具体的な様相が、はっきり浮かび上がってきました。その一つに消費税率の10%引上げが購入計画にどのような影響を及ぼすかという問でしたが、多くのユーザーは消費税アップの影響を受けることを懸念する一方、アップ分を考慮して車種を検討し直したり、消費税アップ前に納車可能な車種を選ぶなど、様々な対策を考えている様子が伝わってきました。
 またキャンピングカー購入計画を立てる場合、もっとも慎重に検討したものを尋ねたところ、その1位の回答は「装備類の機能およびその価格」。「2台目、3台目に買い替えるキャンピングカーのイメージ」を尋ねたところでも「装備類の充実した車」というようにいずれも“装備”がキーワードになりました。
 このことは、「1番気になっているキャンピングカーのジャンル」において「国産中型~大型キャブコン」や「輸入車」が上位に上がってきたこととの関連性を示しているように思えます。すなわち、「中型~大型キャブコン」「輸入車」などは、いずれも装備面の充実した車が中心となります。これらのことから、近年のユーザーの志向の一つに「より充実したキャンピングカーライフを求める」傾向が台頭してきたことを示していると言えましょう。

■調査概要
調査地域:全国
調査対象:日本RV協会ホームページ閲覧者
調査手法:Webアンケート
調査時期:2016年1月18日~2016年2月17日

 

名古屋キャンピングカーフェア 2016 Spring 開催迫る

 2016年3月12日(土)~13日(日)にかけて、東海地方最大のキャンピングカーイベントである「名古屋キャンピングカーフェア 2016 Spring」が開催されます。当日は2016年を代表する話題の新車や、人気車両が勢ぞろい。その他スペシャルトークショー、ミニライブ、お楽しみ抽選会など、家族そろって楽しめるアトラクションやステージイベントが目白押しになっています。

【「名古屋キャンピングカーフェア 2016 Spring」の日程および詳細】

開催日時 : 2016年3月12日(土)~3月13日(日) 10:00~17:00
会場   : ポートメッセ名古屋3号館(名古屋市港区金城ふ頭)
主催   : 名古屋キャンピングカーフェア実行委員会
特別協賛  : 一般社団法人日本RV協会
問い合わせ: テレビ愛知
TEL    : 052-243-8600
URL    : http://jrva-event.com/event/nagoya/

近日オープンしたRVパークのご紹介

RVパークロマントピア月ヶ瀬(奈良県)[2016年2月28日(日)オープン]

 

奈良市月ヶ瀬は、奈良県の北東端にあり、北は京都府相楽郡南山城村、東は三重県伊賀市、南は山辺郡山添村に隣接しています。春には梅・桜、秋は紅葉により風光明媚な地形をなしています。ロマントピア月ヶ瀬は、農林漁業体験実習館・多目的広場・伝統工芸伝承教室などの総合施設です。春は梅まつり、夏は梅の実採り・茶摘み体験・キャンプ・秋は収穫祭、また、年間を通じてのコンニャク作り・餅つきなど多彩な催しや体験が味わえます。

利用料金:1泊 2,000円/1台(トレーラー含む、電気利用料金込)
所在地  :奈良県奈良市月ヶ瀬長引707-10
電話       :0743-92-0810
URL       :http://kurumatabi.com/park/rvpark/641.html

RVパーク施設一覧: http://www.kurumatabi.com/rvpark/list.html

 

【一般社団法人 日本RV協会】

人と車と自然が一体となった豊かで潤いのある「くるま旅」を提唱し、キャンピングカーライフを日本に根付いた文化として育成・発展させるために、さまざまな活動を行っています。

 

一般社団法人日本RV協会

関連ニュース

「RVパーク」が車中泊場所として3年連続利用者増加! 海の京都・富士の麓・道の駅・老舗レストラン、この夏利用したい施設が続々オープン 日本RV協会認定の車中泊スペース“RVパーク”が2022年6・7月に7カ所オープンし全国274カ所に 快適に車中泊を楽しめる場所がより身近な存在へ

2022年08月05日公開 (2022年08月05日更新)

JRVA会員の(株)クルーズカンパニーと、茅ヶ崎市が「災害時における車両の支援に関する協定」を締結しました。 災害支援、被災地復興にキャンピングカーを活用頂きます。

2022年07月25日公開 (2022年07月25日更新)

キャンピングカーに今最も求められているのは「居住性と快適性」 キャンピングカー白書2022発表! ~国内キャンピングカー累積保有台数・販売売上合計額が過去最高を更新~ テレワーク需要や防災意識の高まりで搭載装備ニーズは発電機・ソーラーパネル等の電源システムが最上位に

2022年07月22日公開 (2022年07月25日更新)

駐車場の利用環境向上を目指して ~道の駅「摩周温泉」で予約制駐車スペースを提供~

2022年07月01日公開 (2022年07月01日更新)

ディズニーが公認した日本製キャンピングカーが発表されました。

2022年07月11日公開 (2022年07月13日更新)