1. トップ
  2. コラム一覧
  3. わたなべたつお2019年03月22日付けコラム
コラム

「トレーラーを引ける車が少ない問題」を考える

Mazda CX-8

キャンピングカーの売れ行きは相変わらず好調のようだ。軽、バンコン、キャブコン等々さまざまなスタイルがある中で、伸び率が一番なのがトレーラータイプだという。

ヨーロッパでもアメリカでも、台数が多いのはトレーラータイプなのだ。ヨーロッパでは新車の売上台数こそ自走タイプが上回っているが、登録台数ベースではまだまだトレーラーが優勢。アメリカでは販売数も登録台数も、今やトレーラーが上だ。

日本各地のショーでもトレーラーの出展台数が増えているように見えるし、来場者の方から「トレーラを考えているんですが…」といった相談を受ける回数も増えてきた。欧米ほどけん引文化の成熟していない日本だが、キャンピングカー人気のおかげなのか、トレーラーを視野に入れる人は確実に増えているようだ。
その一方で「トレーラーなんて、どうですか?」と水を向けてみても「え?無理無理無理!」と、つれない返事が返ってくることもある。乗用車で何かを引っ張ることがイメージできない、自信がない、という人もまだまだ多いようだ。

日本車にはヒッチメンバーがない!

「運転が難しそう」とか「車庫がもう一台分必要だし」といったことを懸念材料に挙げる人もいるが、実は引っ張る車(=ヘッド車)のバリエーションが少ないことも、大きな問題なのではないかと思っている。
欧米ではスポーツカーや超小型車でもない限り、乗用車はトレーラーが引けるのが当たり前だと考えられている。キャンピングトレーラーに限らず、仕事用のカーゴトレーラーや趣味のボートトレーラー、バイクトレーラーなど、目的に応じて「しっぽをつけかえて出かける」ライフスタイルは、特にヨーロッパでは非常に合理的な考え方として人々に根付いている。
トレーラー文化が根付いているから、乗用車も新車が発売されれば、その時点からオプションリストには必ずヒッチメンバーがある。地元メーカーの車だけでなく、日本車も同様だ。日本の自動車メーカーの海外向けサイトには、オプションとしてヒッチメンバーが紹介されているし、カタログスペックにも最大けん引荷重=Towing Capacityも掲載されている。実際、ドイツやオランダで、日本車でトレーラーを引いている人を何度も見かけている。

ところが、である。世界的な人気を誇る日本車の母国でありながら、日本国内ではごく限られた車種にしか、ヒッチメンバーは用意されていない。これはなんとも寂しい状況ではないか。
それには色々な理由が考えられるのだが、一つには日本国内専売車種が多いためではないかと思う。欧米ではヒッチメンバーもつけられないようでは車は売れないといっていい。なので欧米仕様車は、ヒッチメンバー取り付けを前提に設計されている。だが、日本国内でしか売らない車は、トレーラーを引くことなど最初から計算に入っていないというわけだ。

日本の自動車メーカーはトレーラーに冷たい?

とはいえ、すべての日本車が日本国内専売というわけではない。
「国産車に乗りたい。でも、トレーラーも引きたい!」という人ならば、欧米仕様のある車種を選べば、ヒッチメンバーは取り付け可能だ。ただし、日本国内のオプションリストにはないので、ヒッチメンバーは欧米から取り寄せるか、トレーラーディーラーに依頼して用意してもらう必要がある。
「日本車でも欧米向けと国内向けでは、形が同じでも中身が全然違う」なんて言われていたのは昔の話。某メーカーの技術者によれば「全ての車を仕向地別に開発するのは莫大なコストがかかる。実際には、ハンドル位置など若干の差異はあっても中身はほぼ一緒です」とのこと。
それより問題なのは、日本の自動車メーカーはトレーラーを引くということに、非常に慎重、いや、冷たいといってもいいほど関心を持ってくれていない、という実情だ。
気に入った車種があり、欧米仕様ではトレーラーが引けるらしいと分かって、うっかりお客様相談室などに「トレーラーを引きたいんですが…」なんて問合せをしようものなら「弊社の製品でトレーラーを引くのはおやめください」なんて返事が返ってくることさえある(筆者実体験済み)。そのメーカーは、デュッセルドルフ・キャラバンサロンでは「わが社の車はトレーラーを引くのに最適です!」というブースを設けていたというのに、である。
さらに驚いたのは、輸入車のディーラーだ。同様の問い合わせをしたところ、「本国では確かに引いていますが、日本仕様ではトレーラーを引くことはお勧めできかねます」。インポーターの回答に唖然としたのを覚えている。

トレーラーに注目するメーカーも出てきた!

とはいえ、少しずつではあるが嬉しい兆しも見えてきた。人気SUVのマツダ・CX-8には純正ヒッチメンバーが用意されているのだ。それも、日本国内専売車種なのに、である。
スペック的にけん引能力は750kgまでと少々残念なところはあるが、マツダの担当者に聞いたところでは「車のポテンシャル的にはまだまだ余裕」とのこと。
それも、ただヒッチメンバーを出しただけではない。当初は用意されていなかった50mmボールを追加するなど、デビュー後もユーザーの意見に真剣に耳を傾けてくれているようなのだ。
輸入車にも希望はある。ボルボのように、ヒッチメンバーも配線キットも、日本仕様のものが用意されている輸入車も増えてきている。

安心して引ける車が増えれば、もっとトレーラーも増えると思う。国土が狭く、道路事情も込み合っている日本の事情を考えたら、もっとトレーラー文化は根付いていい。ぜひ、自動車メーカーやインポーターには、トレーラーを視野に入れて頑張っていただきたいものである。

わたなべたつお

キャンピングカージャーナリスト。サラリーマンからフリーライターに転身後、キャンピングカーに出会ってこの道へ。専門誌への執筆のほか、各地キャンピングカーショーでのセミナー講師、テレビ出演も多い。エンジンで輪っかが回るものなら2輪でも4輪でも大好き。飛行機マニアでもある。旅のお供は猫6匹とヨメさんひとり。 朝日新聞デジタルで週刊コラム「キャンピングカーで行こう!」連載中

http://www.asahi.com/and_M/campingcar_list.html

関連コラム

平成のアウトドアシーンを変えたギア3選!

沖田雅生

2019年04月15日公開 (2018年08月24日更新)

キャンピングカーで回った「四国エリア」おすすめ道の駅〈グルメなど〉

浅井佑一

2019年04月05日公開 (2018年08月02日更新)

猪苗代湖モビレージにおける家族キャンプの一夜

町田厚成

2019年03月08日公開 (2019年03月08日更新)

写真は1枚の物語…旅の思い出は愛車もいっしょに!

松本 周己(しう@SOTO)

2019年02月15日公開 (2019年02月15日更新)

LED照明の利用で明るいキャンプライフ ‐その2‐

山口則夫

2019年02月08日公開 (2019年02月05日更新)