1. トップ
  2. コラム一覧
  3. TAMA@MAC2019年01月11日付けコラム
コラム

冬だから、マルチなランタンなどいかがでしょう

 キャンピングカーに乗っていると、車内はFF暖房で暖かく幸せなのだが外は寒い。サイドテントやタープを工夫し風を遮断し、暖房に薪ストーブを利用するのもエキスパートな人々には好まれている。

 ただ流石にそこまでの装備を持ち歩くのは大変。そこで最近気になってしょうがないのが、古式ゆかしき石油ランタン。見た目のアンティークっぽさも興味津々。

 実はこれまでにも、自分のキャンプでは様々な暖房器具を試している。サイドテント内で便利だったのは、鍋料理も調理できるしっかりとした熱量の囲炉裏型石油ストーブだった。

 ただこれはかなり本体が大きく、流石にキャンプで持ち歩くには不自由を感じていたのも事実。

 そこで、持ち歩けるサイズの小型のストーブをネットで探し出し利用することにした。もちろんトップカバーを取り外せば、普通に調理ができるのも十分気に入っている。

 燃焼機構は芯を使ったもので、高圧コントロールではないため着火も簡単だし、最近のものは燃焼そのものも相当キレイであることはススなどの発生も少なく使い勝手が良い。

 ところがいにしえの品では、一部にランタンがストーブやコンロとしても使える機能がある。それがペトロマックスなどだが、アタッチメントでヒーター用のラジエターなどを用意するだけと簡単。

 もちろん基本がランタンなので、冬以外は明かりや調理道具としてフル活用できるし、燃料が灯油で手に入れやすく安全なのも嬉しいところ。

 ただ…、安定燃焼までには着火にちょっとしたコツがいるのだが、それも楽しみに変えてしまえばいいレベル。キャンピングカーに装備しておいて、損はないような気がする。

TAMA@MAC

主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。最近ではcampingcar.jpというサイトを本格運用中。

http://www.tamamac.com

関連コラム

トレーラーでの欧米並みの生活に憧れる

TAMA@MAC

2019年09月06日公開 (2019年08月28日更新)

やっぱり北海道はいいのです
またすぐにでもいきたいのです、阿寒湖編

沖田雅生

2019年08月23日公開 (2018年08月24日更新)

キャンピングカーで回った「九州・沖縄エリア」おすすめ道の駅〈エンターテインメント〉

浅井佑一

2019年08月09日公開 (2018年08月02日更新)

日本はキャンピングカー天国だ

わたなべたつお

2019年07月26日公開 (2015年09月17日更新)

今さら聞けない?
キャンピングカーで何ができるの?楽しみ方は?

赤坂太一

2019年07月05日公開 (2019年06月29日更新)