1. トップ
  2. コラム一覧
  3. しう@SOTO2018年03月02日付けコラム
コラム

【やってみた】キャンピングカー生活で家庭菜園

キャンピングカー生活をすること13年。年間のスケジュールは、だいたい地元・熊本で桜が咲き終わった頃に出発して夏は北海道で過ごし、紅葉とともに南下して12月頃に帰宅。そして冬の間は九州内をぶらぶらすることもありますが、ほとんど地元に滞在しています。
以前は冬期間は実家で過ごしていたのですが引っ越し作業も面倒なので、この3〜4年はずっとキャンピングカーに住み続けています。

実家と言っても、およそ6〜7年前に父が自分で建てたもので標高550mの山中にあり、親しみをこめて〝山小屋〟と呼んでいます。その実家に帰っている間は2畳ほどの畑を作り、家庭菜園をするのが楽しみでもありました。諸事情で旅に出られなかった年には、家庭菜園で野菜などを育てていたのですが、不勉強なもので、ちゃんと「収穫できた」と言えるのはキュウリとトマトくらい。それでも自分で作ったものはやっぱり味わいもひとしおです。

キャンピングカー生活は夢だったし不満はないのですが、あえて挙げるとすれば「土いじりができない」のが寂しいところです。実家には色んな植物を植えて四季折々の花が咲き実も生るし、山菜なども庭で育てているので(放ったらかしですけど)フキノトウ、セリ、タケノコなど旬の味を堪能できます。

が、我が家はキャンピングカー。当たり前ですが走行中の揺れは避けられません。花瓶が倒れないよう注意することはもちろん、水がこぼれないようにも工夫しなければなりませんし、鉢植えでも振動で土が飛び出たり、転がらないとは限りません。
いただいたバラを生けるものがなくて、車内を探して見つけたのがお酒の瓶(笑)。これならば水を半分くらいにしておけば口も狭いしこぼれにくいです。100円ショップなどで販売されている、竹筒を加工した一輪挿しのようなタイプは見た目もオシャレだし、ドリンクホルダーに入れておくのもいいですね。
ですが切り花は枯れるのを待つばかりという感じで、何となくいたたまれません。水に差しておけば根が生えてくるタイプ(紫陽花とか)なら、そこから鉢植えにシフトするという楽しみがありますが、それはそれでまた別の問題が生じます。

鉢植えを壁などに固定するのは、個人的には好みません。あまり穴を空けたくないしビス止めも最小限に留めたいし、理想としては「いつでも元に戻せる」状態にしておきたいのです。もう20年モノのクルマで転売も下取りも考えてはいませんが、なるべくキズはつけたくありません。それに、前述した「振動で土が飛び出る」という懸念もあります。

そこで吊り下げ式の鉢、いわゆる「プラントハンガー」に目をつけました(ハンギングバスケットでもいいです)。これを、キッチン上部収納の取っ手に吊り下げれば、多少の揺れでも倒れることはありません。もしも土がこぼれても下はシンクなので新聞紙でも敷いておけば掃除がラク。我ながら冴えてる!
…と思ったけど、いざ下げてみると心配でしょうがない。必然的に安全運転になるのは好影響と言えますが、悪路でガタガタすると「植物は無事か!?」と後ろが気になって気になって気が休まらないのです。

もうひとつ、鉢植えにとってよくないのは〝振動〟です。きっと植物にとってもストレスなんだろうなぁ、とは予想していたのですが、ふと気づくと土が減っているのです。倒してこぼれたわけでもないのに、何故?
振動によって少しずつ土の中の空気が押し出されて、土が圧縮されたような感じになっていたのです。盲点でした。土が硬くなると根を張りづらいし、また常に振動することによって根が傷つくのではないかという懸念もありました。


とある年の6月1日に栃木で貰ったトマトの苗、そんなこんなでハラハラ見守っていたところ、意外と元気に育って実もつけてくれました。7月にはフェリーで青森から北海道へ。気候の好い日には、車内でも陽当たりのいい場所に置くなど日光浴をさせて甲斐甲斐しく世話をしたものです。
が、さすがに北海道は涼しすぎました。筆者が暑さを嫌って涼しい道東・道北にばかり滞在していたせいでもありますが、暑さが恋しいトマトは日に日に弱っていき、9月にとうとうしおれてしまいました…。ごめんね… 今まで美味しさをありがとう…。

過去、プランターを積んでいるキャンピングカーを3台ほど見かけたことがありました。1台は屋根の上、1台はリアラダーに引っかけ、1台は運転席(助手席)の前。走行中だったため、よく見えなかったのですが運転席の前にあったものはネギっぽかったです。家庭でも台所でネギ類を育てて日々の料理に使っている人がいますよね。かくいう筆者もネギとか豆苗とかカイワレとか育てました(キャンピングカーで)。水だけで育つのであれば、長続きしそうです。

走行中の振動問題を解決するには「出前機」を採用するしかないのだろうか。そもそも、出前機は本当に揺れないのだろうか? もし作るならビニールハウス風に四方を覆った方が効果倍増だな。しかしそこまでして家庭菜園をしなくてもいいんじゃないかな?
———バカバカしいことほど妄想って楽しいものですね。


 

 

しう@SOTO

松本周己(しう@SOTO) 20年以上前から、主にレンタカー(軽自動車〜ハイエースロングなど)で車中泊旅を楽しんでいたが、ふと「ネットを通して仕事ができれば、どこにいても構わないのでは」と思い立ち、独学でウェブデザイナーになり、2005年、ついにキャンピングカーを自宅兼仕事場としてしまった生粋の自由人。夏は北海道、冬は九州で過ごしています。 一応、女性らしく(?)根は機械オンチなため、日進月歩の日々。 BLOG>http://soto.sblo.jp/

http://soto.sakura.ne.jp/

関連コラム

日本のトレーラー事情は楽しさいっぱい

TAMA@MAC

2018年05月18日公開 (2016年02月26日更新)

台湾キャンプ事情! こっそりpart2

沖田雅生

2018年04月27日公開 (2017年05月15日更新)

キャンピングカーで回った中部のおすすめ道の駅〈エンターテイメント!〉

浅井佑一

2018年04月15日公開 (2015年10月02日更新)

「当たり前」ということのスゴさ

わたなべたつお

2018年03月30日公開 (2015年09月17日更新)

子供はいくつになるまで親の
キャンピングカー旅行について来るか?

町田厚成

2018年03月16日公開 (2018年03月11日更新)