1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 浅井佑一2016年01月29日付けコラム
コラム

フェリーでいく! 離島にある道の駅

 昨年11月に北陸エリア、12月には四国エリアの道の駅に行ってきました。北陸は新潟県・佐渡島に1か所、四国には香川県・小豆島に3か所の道の駅があります。

 道の駅はすべてキャンピングカーで回ると決めているので、どちらの島にもフェリーにクルマを載せて渡りました。

 道の駅のある離島は、佐渡島(新潟)、小豆島(香川)、福江島(長崎)、奄美大島(鹿児島)の4か所で、これですべてを回ったことになります。

 フェリーは運賃が高いからと敬遠する人もいるようですが、船旅が楽しめてしかもフェリーにクルマを載せるという非日常感が旅気分が盛りあげてくれます。

 ちなみに鹿児島新港から奄美大島の名瀬港までの片道フェリー料金は、4m未満が3万7840円、4~5m未満が5万6050円、5~6m未満が6万7260円で以降1m増えるごとに9460円プラスになります。(※フェリー料金は季節により変動)

 料金はクルマの全長で変わってくるので、これからキャンピングカーを購入しようと考えている人はそのあたりも頭の片隅に入れておくといいかも知れません。

 そんな道の駅のある離島のなかで一番印象に残っているのは昨年3月に訪れた奄美大島です。フェリーは鹿児島新港を夕方の6時に出航し、翌日の早朝5時に名瀬港に到着。11時間の船旅です。

 港から40分ほどクルマを走らせると道の駅「奄美大島住用」があります。黒潮の森マングローブパークのなかにある道の駅で自然が豊富に残っているところです。

 なかでもマングローブの原生林が見どころで、沖縄県西表島に次ぐ規模だそうです。この生い茂ったマングローブの木々のあいだをいくカヌー体験ができます。

マングローブが生い茂りトンネルになっているところへカヌーをこぎ出し、約1時間のカヌー体験がレンタル代などすべて込みで1500円と格安。

 砂金取りや、乗馬、陶芸ができるなど、いろいろと体験のできる道の駅はありますが、このカヌー体験はとにかくお薦めです。

 

浅井佑一

キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。

http://rvtravel.jp

関連コラム

母とのたった1回のキャンピングカー旅行

町田厚成

2018年07月13日公開 (2018年03月11日更新)

ご当地でなくては味わえない、「生食」という鮮度へのこだわり。

しう@SOTO

2018年06月21日公開 (2017年07月03日更新)

旅先で
Let's go SHOPPING!

山口則夫

2018年06月15日公開 (2018年06月09日更新)

“キャンピングカーの聖地”北海道の魅力とは!?

岩田一成

2018年06月01日公開 (2018年01月30日更新)

日本のトレーラー事情は楽しさいっぱい

TAMA@MAC

2018年05月18日公開 (2016年02月26日更新)