1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 松本(しう)周己2020年07月10日付けコラム
コラム

急なお出かけは要注意! ドライブ前に点検を

コロナ禍に関わらず、しばらくキャンピングカーを動かしていない、というユーザーさんも多いと思われます。
毎年、春から旅に出て夏を北海道で過ごしている筆者も、今年はコロナ禍により旅暮らしを断念し、地元・熊本に滞在しています。
ずっと駐車場に停めたままではありますが、筆者にとってはキャンピングカーが家なので車中生活は続行中です。

長期間、停めたままにしておくとタイヤが変型する恐れがあると聞いて、久しぶりにエンジンをかけてみたら「キュルッ キュルルッ」と、すぐにかからなくて焦りました!
バッテリーも何年目か思い出せないくらいなので、そろそろ交換すべきなのかも…。

機械オンチで面倒くさがりな筆者ではありますが、自戒の念を込めてキャンピングカーのチェック項目をリストアップしてみました。

ヒトもクルマも急には走れない。準備運動をしっかりと!

大型連休などで「さぁ、行くぞ!」と張り切って出かけたものの、バッテリーが上がっていたりタイヤがバーストしたり…というトラブル談義をよく耳にしますよね。
知ってはいるものの、ついつい忘れてしまいがち…。

ふだんのチェック項目としてタイヤの溝は減っていないか、空気圧は正常か、は必ず挙がります。諸兄には釈迦に説法でしょうが、筆者が教わった基本中の基本です。

それからやはり、久々のお出かけトラブルのトップは「バッテリーあがり」でしょう。
ズボラな筆者は前述の通り「バッテリーを交換して何年目」などを覚えていないので、日記代わりのブログや写真を見返す羽目に…。きちんとカルテをとっておくべきですね。

さらに走行してみれば、おのずと様々なことがチェックできます。
ブレーキの効き具合、カーナビやバックモニターはちゃんと映るか、ワイパーゴムは劣化していないか、ウォッシャー液は入っているか、クーラーはちゃんと効くか、ラジエーター液は、オイルは…などなど。
不具合があったとしても、旅行先や高速道路上だったらパニックになりそうですが近場であれば落ち着いて対処できます。

居住スペースのチェックリスト

居住スペースで最重要なのは、筆者にとってはサブバッテリーです。サブバッテリーがなくては電気が使えないのは言わずもがな。
テレビもパソコンも使えないのはもちろん、照明も点かなければ電動ステップも下りません。
(余談ですが、我が家の電動ステップは手動で出し入れできないタイプです。電気一択。)

ソーラーパネルを設置してあるなら、パネル面にキズがついてないかもチェック。ついでにパネルの汚れを拭き取りましょう。汚れたままだと、当然ですが発電量も減ってしまいます。

冷蔵庫は12V/100V/ガスの3ウェイですが、ガスで稼働させていたとしても電気を使いますから、サブバッテリーあがりは死活問題です。
旅先でのご当地グルメ、またお土産の購入にも関わってきます。
(ちなみに冷蔵庫は冷えるまで時間がかかるので、お出かけの前日からスイッチを入れておくことをおススメします。)

それからガスを搭載している場合は、ガスの残量もチェック。ガスキッチンであれば、いざという時のためにカセットガスコンロを用意しておくと便利です。

清水タンクの水は、お出かけ前に入れて、帰ったら抜いてしまいましょう。水が溜まったままにしておくと藻が生えたり腐ったりします。そうなると徹底的に清浄しなければなりません。

夏には欠かせないクーラーの動作チェックも大事ですね。
筆者のキャンピングカーに搭載しているクーラー(Dometic Duo Therm)があまり冷えず、もう15年も経っているのでガスが抜けているのでは?と予想されるのですが、ガスを補充できないタイプと知ってショックを隠せません…。さすがカナダ製…。
今のところ、扇風機で凌いでいます。熊本の猛暑を、いつまで凌げるのか? 先が思いやられます…。

準備ができたら走ってみよう!

チェック項目ではありませんが、コロナ禍により消毒も大切になりました。
また梅雨時は湿度が上がるため、除湿剤を置くなどのカビ対策もしておくと安心ですね。閉め切ってばかりではなく、たまには風を通して清潔を保ちましょう。

筆者の愛車Rocky21は1997年製ですが、こまめにメンテナンスをするような性格ではない割りに長持ちしているのは、やはり毎日のように走らせているお陰だと思います。
「まだ旅行はちょっと…」と慎重になる気持ちもありますが、クルマのチェックを兼ねて1時間くらい近場をドライブすることは気分転換にもなりますよね。
何も泊まりがけの旅行をしなくても、日帰りできる圏内でテスト走行するくらいの気持ちでドライブにでかけてみてはいかがでしょう。
準備を万全に、この夏を楽しみたいものですね。

 

松本(しう)周己

20年以上前から、主にレンタカー(軽自動車〜ハイエースロングなど)で車中泊旅を楽しんでいたが、ふと「ネットを通して仕事ができれば、どこにいても構わないのでは」と思い立ち、独学でウェブデザイナーになり、2005年、ついにキャンピングカーを自宅兼仕事場として国内放浪の旅へ。Small Office, Transfer Office = SOTO(そと/わたしが勝手に考えた造語)、いわゆる[移動SOHO]を実践中。一応、女性らしく(?)根は機械オンチなため、日進月歩の日々。 BLOG>http://soto.sblo.jp/

http://soto.sakura.ne.jp/

関連コラム

キャンピングカー白書やオートキャンプ白書が伝える「ウイズコロナ時代」の過ごし方

町田厚成

2020年07月31日公開 (2019年03月08日更新)

梅雨の晴れ間に
愛車を磨き上げよう!

山口則夫

2020年06月26日公開 (2020年06月19日更新)

遊びだけじゃない! キャンピングカーのマルチな使い道

岩田一成

2020年06月12日公開 (2019年05月17日更新)

やってはいけない!
鉄モノとガスバーナーとの関係

沖田雅生

2020年05月29日公開 (2018年08月24日更新)

“会社車中泊”と“おうち車中泊”

横山穂波

2020年05月15日公開 (2020年05月07日更新)