1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 沖田雅生2015年10月23日付けコラム
コラム

旅することと、キャンプすること

 はじめに告白しておきます。今回の「コラム」執筆陣の中でキャンピングカーを所有していないのはもしかしたらボクだけかもしれません。

 だからといってページから離れないで最後までおつきあい下さい! お願いします!!

 まあ考えれば長年アウトドア雑誌でキャンピングカーの取材をさせていただいたり、実際に旅に出たり、海外でもレンタルして遊んだり、高校からの同級生が老舗キャンピングカービルダーの息子だったり(現在は社長、おかげさまで未だ契約書をもってきてハンコ押せとはいわれていない)、とキャンピングカーとはいろいろな場面で接点をもち、業界の端っこに居座っているのも事実。

 なのでボクは開き直ってアウトドアやキャンプ、そして旅の視点からキャンピングカーについてお話しさせていただきます。

編集部のクルマはれっきとしたキャンピングカー!
編集部のクルマはれっきとしたキャンピングカー!
パパイヤ鈴木さんがキャンカーに乗るという月刊ガルヴィの特集号
パパイヤ鈴木さんがキャンカーに乗るという月刊ガルヴィの特集号
 

 ボクが編集長に就任したのは2002年の春。それからの10年近くずっと思っていたのは、日本のキャンピングカーユーザーにとってキャンピングカーライフを楽しむのはけっこう苦労がいることで窮屈なんじゃないだろうかということでした。ハード(車体)はもちろん業界の努力によりとても充実したものが用意されているけれど、「クルマで楽しむ」と言うソフト面がなかなか整っていない。

 キャンピングカーで旅をしたいと思っている人たちは別にキャンプがしたいわけではないでしょう。観光地を気楽にまわり、自分のクルマで休めればいいと思って購入したけれど、休む場所がない。道の駅や空きスペースで一夜を過ごすとなると治安の問題やモラルを問われて肩身の狭い思いをしていたに違いない。車体の大きさ故に駐車場も選ばなければいけない。結局、旅先のキャンプ場を選んで宿泊すると、目的地から離れた場所になってしまったり、やれ自慢のジェネレーターは使っちゃだめだとかいわれたりする。

 キャンピングカーで「旅をする人」と「キャンプをする人」が混在するキャンプ場を見ていて、こりゃぜったい「旅する人」たちのために施設を整備しなきゃだめだよなーと思っていました。

 実際、オーストラリアやアメリカではRVパークやキャラバンパークと称して、高速や主要幹線の脇にキャンピングカーを停車宿泊する場所があったりする。キャンプを楽しみたい人はきちんとキャンプ場内でテントキャンプとエリアを分けて宿泊することができる施設が充実している。日本RV協会にお呼ばれする機会があったときにも、キャンピングカーで旅をしたい人のための施設の充実のお話しさせていただいたりしていました。

編集部のクルマはれっきとしたキャンピングカー!

 

オーストラリア・ゴールドコーストのツーリストパーク。もはや住んでいるのではと思わせる状況(笑)

 

 

 一度、軽井沢プリンスホテルのスキー場駐車場でRVパークイベントを実施したことがあります。短い告知でしたが40組近いかたに来ていただきました。そのかたがたのマナーのいいこと(あたりまえですよね、すいません)、そして皆さん口を揃えてきちんとお金を払うから大手を振って車中泊をしたい、クルマに乗せてきた自転車で、牽引してきた軽自動車(!)で観光地を回りたい!!ということでした。機は熟しているのだろうなと実感です。

RVパークイベント。圧巻でした。
RVパークイベント。圧巻でした。
夜はシャ乱Qまことさんのマイトレーラー談義
夜はシャ乱Qまことさんのマイトレーラー談義
 

 そしてこの5年で環境が変わってきました。RV協会の努力で、「湯YOUパーク(ゆうゆうパーク)」http://www.kurumatabi.com/yypark/ や、RVパークhttp://www.kurumatabi.com/rvpark/ が整えられはじめキャンピングカーで旅をすることが容易になってきました。

 勝手なこと言って恐縮ですが、東京を含んだ観光地に近い場所に施設が充実していけばキャンピングカーで旅をすることがますます楽しくなってくることでしょう。バスや電車の沿線にあれば街まで出やすいし、車載の自転車でひとっ飛び!

 そして自然に溶け込みたい癒やされたいと思ったときに、キャンプ場へぜひいらして下さい。キャンプすることの魅力は次回にお話しさせていただきます!

 

沖田雅生

1965年埼玉県生まれ。地図編集、旅行雑誌編集を経て、アウトドア雑誌「月刊ガルヴィ」編集長として11年勤め上げ、現在アウトドアイベント「アウトドアデイジャパン」実行委員長。へたれながらも子どもの頃からアウトドア、キャンプ大好きでうろちょろしております。著書に『オートキャンプ教書』地球丸。

http://outdoorday.jp

関連コラム

母とのたった1回のキャンピングカー旅行

町田厚成

2018年07月13日公開 (2018年03月11日更新)

ご当地でなくては味わえない、「生食」という鮮度へのこだわり。

しう@SOTO

2018年06月21日公開 (2017年07月03日更新)

旅先で
Let's go SHOPPING!

山口則夫

2018年06月15日公開 (2018年06月09日更新)

“キャンピングカーの聖地”北海道の魅力とは!?

岩田一成

2018年06月01日公開 (2018年01月30日更新)

日本のトレーラー事情は楽しさいっぱい

TAMA@MAC

2018年05月18日公開 (2016年02月26日更新)