1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 浅井佑一2019年08月09日付けコラム
コラム

キャンピングカーで回った「九州・沖縄エリア」おすすめ道の駅〈エンターテインメント〉

 九州へは下関から福岡へ入り、道の駅をまわりながら、鹿児島港まで南下。さらにフェリーにキャンピングカーを載せて、奄美大島、そして沖縄へと旅をしてきました。

 九州・沖縄の旅に出かけて気づいたことは県ごとに名産品、グルメが豊富にあること。エンターテインメント要素もいろいろとあって面白い地域です。そこで九州・沖縄にある118駅のなかから選りすぐりのエンタメ道の駅を紹介します。

マングローブカヌーがおすすめ!

道の駅■奄美大島住用

鹿児島県奄美市住用町大字石原478

http://www.qsr.mlit.go.jp/n-michi/michi_no_eki/kobetu/amami/amami.html

「黒潮の森 マングローグパーク」という公園のなかに道の駅があります。沖縄県西表島に次いで大きな面積のマングローブ原生林があり、このマングローブが生い茂る水路でカヌー体験ができます。

 カヌー用具のレンタル、インストラクターの指導もついて2000円という格安料金で、約1時間のカヌーツーリングが楽しめます。公園内の展望台からはマングローブの原生林が一望できて、潮の満ち引きによって川幅が変わる様子を見ることができます。

 併設するレストランでは奄美大島の郷土料理「鶏飯(けいはん)」がおすすめです。

土石流で埋まった家をそのまま保存

道の駅■みずなし本陣ふかえ

長崎県南島原市深江町丁6077

http://mizunashi-honjin.co.jp/

 1990年の普賢岳の噴火によって、土石流が発生し、その被害に遭った家屋が「土石流被災家屋保存公園」にその当時のままに保存されています。屋外展示は24時間、テント内保存家屋は9~17時のあいだ無料で見学することが可能。家屋が約3mほどの土砂物で埋没している様子を見ることができます。

 ちなみにこれら家屋に住んでいた人は避難勧告を受けて避難していたために人的被害はなかったそうです。大火砕流体験館(大人200円、小人150円)では災害がどのように起きたのか当時の映像を交えて説明しています。

人形浄瑠璃の舞台を併設

道の駅■清和文楽邑

熊本県上益城郡山都町大平152

http://www.qsr.mlit.go.jp/n-michi/michi_no_eki/kobetu/seiwa/seiwa.html

 人形遣い、三味線、太夫からなる伝統芸能の文楽。道の駅のある山都町(旧清和村)は農村浄瑠璃の盛んな地域で、江戸時代末期の1850年頃に巡業にやってきた人形芝居の一座から村人が人形を買い、動かし方などを習ったのが始まりといわれています。

 道の駅には文楽の舞台があって、7~12月までは毎週日曜日になると人形浄瑠璃が行われていて、年間200回もの公演を見ることができます。

 文楽展示棟では人形の衣装や小道具の展示があって、実際に人形の足などの一部を手にして動かし方を体験できます。

砂金採りをしてキーホルダーに!

道の駅■鯛生金山

大分県日田市中津江村合瀬3750

http://www.qsr.mlit.go.jp/n-michi/michi_no_eki/kobetu/taio/taio.html

 金山といえば、佐渡が有名ですが、かつては年間の金産出量で佐渡金山も上回ったこともある鯛生金山のある道の駅です。閉山する80年間のあいだに金を約40トン、銀を約160トンも産出しました。

 現在は地底博物館(大人1030円、中高生820円、小学生510円)として、かつての坑道内を見学することができます。

 またここの道の駅では、砂金採り体験(小学生以上 30分620円)ができます。大人の腰ぐらいの高さの砂と水が入った大きな木枠の中で、砂金取りの皿を揺すって砂金を探します。単純作業ですが夢中になること間違いなし。採った砂金はキーホルダーに入れて持ち帰れます。

嘉手納基地に隣接。目の前を飛行機が飛ぶ

道の駅■かでな

沖縄県中頭郡嘉手納町字屋良1026-3

http://michinoekikadena.com/

 目の前に嘉手納基地があって、4階の展望場から基地の滑走路が見渡せます。2本ある滑走路のうち、手前の滑走路は道の駅から600mと近く、離着陸する飛行機がよく見えます。展望場へは8時から22時まで入場可能。

 また3階には嘉手納と基地のあゆみについて学べる学習室があって、映像や写真パネルなどを使い分かりやすく説明しています。

 2階には滑走路を見ながら名物のハンバーガーが楽しめるレストランがあって、ここでは横幅18㎝もあるジャンボチーズバーガーが食べられます。

浅井佑一

キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。

http://rvtravel.jp/

関連コラム

平成にできた道の駅を、車中泊しながら平成中に回る。
その①

浅井佑一

2019年11月29日公開 (2019年11月27日更新)

「一番いいキャンピングカー」って、どれだろう?

わたなべたつお

2019年11月15日公開 (2015年09月17日更新)

FICCオートキャンプ世界大会 89th

町田厚成

2019年11月01日公開 (2019年03月08日更新)

災害時に「あってよかった」と実感したキャンピングカーの装備

松本 周己(しう@SOTO)

2019年10月18日公開 (2019年10月11日更新)

3980円で買ったドラレコは
どれぐらい使えるのか!?

山口則夫

2019年10月04日公開 (2019年02月05日更新)