キャンピングカーの日本RV協会-JRVA
キャンピングカー・ビルダー、ディーラーが加盟する一般社団法人日本RV協会(JRVA)が提供するキャンピングカー情報
イベント情報
会員新着情報
新車・新製品情報
レンタル情報
くるま旅WEBサイト
キャンパーの情報広場
キャンピングカー基礎知識
お役立ちリンク
日本RV協会ニュース
協会会員名簿
JRVAトップキャンパーの情報広場オーナーレポート「ウィンタースポーツ(スキー・スノボー)」 > 東京都・GO!GO!CAMP ツカダさんのレポート

 

 

「家族で雪山に行く」という結論からトレーラーを購入

オーナー名 GO!GO!CAMP ツカダさん
オーナー様の年代 40歳代
所在地 東京都
キャンピングカーのタイプ トラベルトレーラー
キャンピングカーを
主に使用される方
家族全員(子供と一緒)>
キャンピングカー経験歴 3年
キャンピングカーを
使用する場所
スキー場
くるま旅会員 会員
掲載日 >2009/01/05

旅の思い出・エピソード

雪山キャンプを12月にするのは実は初めて、2年前に悩んだ挙句にキャンピングトレーラーを購入、最初はキャンピングカーにするかトレーラーにするか悩みましたが、「家族で雪山に行く」という結論からトレーラーになりました。実際4輪駆動のキャンピングカーであれば、もっと奥地や秘境にいけるかもしれませんが、「家族」がテーマになるとそこまで自分の滑りにテーマを置く訳にも行かず、切り離して温泉や普段の街乗りも、通常の車としていけるトレーラーになりました。
そのトレーラーで冬に出かけているのですが今回は初の12月のスノーボードトレーラートリップです。

東京をAM07:30に出発、大泉から外環自動車道に入り、AM08:10に進路を北に向け東北道に合流。途中10分間の燃料補給をいれ12:30に福島市内に到着。ここで市街地はトレーラー停めるところが難しいと思ったので、SHREDDERというスノーボードSHOPさんの駐車場をお借りして、トレーラーを切り離し駐車させていただきました。
その後、「GO FOR IT」という街中でのスノーボードパフォーマンスのイベントを堪能。PM08:00に今回のスノーボードトリップの会場でもあるグランデコリゾートに向かいしました。福島市からリゾートまでの運転をママに預けて子供と爆睡…。くねくね道をトレーラー連結で走り続けたママはすごい!

グランデコリゾートにはPM10:30に到着。ここで自宅でカットしてきた野菜と竹輪をいれ煮込みうどんをいただく。イレギュラーな夕食になると前もって準備をしてきたママはすごい!遅い時間でもおなかに優しいメニューでばっちり。ありがとうママ♪もちろん翌朝もこの煮込みうどんに卵が入り別メニューとして食卓に並ぶのはいうまでも無いが…。
夕食後、子供はすぐに就寝。パパとママも晩酌しながら船を漕いでいることに気が付きあわててベッドにもぐりこむ。
翌日は早朝より同じキャンプ仲間のご家族と合流して、スノーボードスキーと満喫。やはり駐車場からなので出足が早くていい〜♪ゲレンデに近いのもGOOD!1日中すべりを満喫。帰るその日は夕方から雪が激しく降りだす。支度ができることには10cmは積もっていました。

既に暗くなったPM05:10にグランデコを出発。那須高原SAで、PM07:30〜08:30夕食。その後ママに運転をスイッチして東京を目指すが、宇都宮を前に上河内SAで睡魔にやられて家族で車中で仮眠 Zzzz。
24:30にノドの渇きで起床!眠いけど…このままではイカン!何とか眠い目を擦りながら眼球に張り付いたコンタクトレンズを取り外しメガネを装着、一路東京を目指す。その後2時間で東京の駐車場にAM02:30到着。

トレーラーのトイレトレイを自宅の便器に流しいれて、見なくていいものを見てから、シャワーを浴びて寝床に着いたのはAM04:00。
7時に起床で勤めの1日が始まるが、週末の家族と一緒にいる時間が、疲れなど感じないほど気持ちの充実を与えてくれる…。また、来月も出かけるぞ〜

 

キャンピングカーがあって良かったところ

家族の団欒の時間をつくることが可能になったことが一番嬉しいです。
*スノーボードに家族と一緒にいきたい。
*朝一番のパウダーやピステンバーンを滑りたい。
*トリップの総費用は安く(valuable)あげたい。

夏はテントキャンプをやっていますが冬はなんといってもトレーラーが便利だと思います。
というのもまず、LPガスヒーターは氷点下10度くらいの外気でも十分に活躍してくれます。ボンベに毛布巻いたほうがいいですが、まかないでもいけます。
またゲレンデの早朝はレストランなどもやっていないので、雪景色みながらトレーラーの中で朝食が取れます。
小さな子供をつれている場合は特に便利で、防寒対策が必要なときやレストランで無い子供向けの食事もトレーラーの中で対応できます。夕食などは、内容、予算、構成などバリエーションを選べるのも便利です。

お薦め場所

グランデコスキー場
〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山 / 猪苗代磐梯高原ICから30分
駐車場は3000台とまれます。左記の写真は第1Pに停泊させていただいた様子です。初日は晴れで雪もゲレンデしか無かったのですが、2日の帰りの時には写真のように大粒の雪が降りしきる中での撤収となりました。これがテント泊だったらと考えるとかなり、ゾゾッ〜とします。
さてこのグランデコリゾート。トレーラー、キャンピングカーに優しいです。
なぜって?第1駐車場が「フラット」だからです。通常駐車場は緩やかに傾斜してるのですが、これがトレーラーに関しては天敵で寝床のフラット出しに一苦労します。
しかし、それが無いのです。また深夜到着の方のためにトイレも24H OPEN。手も顔も洗えます。
そして何より、このリゾートの方針としてキャンピングカーやトレーラーの停泊が、Welcomということが一番大きいと思います。
この第1駐車場、大きな照明があって最初はまぶしいな〜と思いましたが、真っ暗いやみの中よりは適度に明るいほうが便利で気が付けばそのライトの下に停泊(苦笑)
でもなんと24時を越えると自動的に消えるという良心設定に泣けます。もう明日の滑りに備えて眠りなさい!という合図のように、駐車場が真っ暗になり星空が近づきます。
とどめにトレーラーでも駐車上代金が2台でなくてなんと1台分でOK!!!こんな良心的なところ無いっす!

オーナーレポート「ウィンタースポーツ(スキー・スノボー)」一覧へ戻る

 

あなたのキャンピングカーライフも是非みなさんに発表してください!“キャンパーの情報広場” オーナーレポート大募集

▲上へ 

 

JRVAについて | くるま旅 | 個人情報の取り扱い | JRVAへのお問い合わせ | サイトに関するお問い合わせ | サイトマップ
Copyright (C) Japan Recreational Vehicle Association Office . All Rights Reserved.