キャンピングカーの日本RV協会-JRVA
キャンピングカー・ビルダー、ディーラーが加盟する一般社団法人日本RV協会(JRVA)が提供するキャンピングカー情報
イベント情報
会員新着情報
新車・新製品情報
レンタル情報
くるま旅WEBサイト
キャンパーの情報広場
キャンピングカー基礎知識
お役立ちリンク
日本RV協会ニュース
協会会員名簿
JRVAトップキャンパーの情報広場オーナーレポート「ウィンタースポーツ(スキー・スノボー)」 > 北海道・ミットさんのレポート

 

 

スキー仲間計3名でのキャンピング・スキーツアー

オーナー名 ミットさん
オーナー様の年代

50歳代

所在地 北海道
キャンピングカーのタイプ キャブコン
キャンピングカーを
主に使用される方

ご主人,ご夫婦2人,家族全員(子供と一緒),アウトドア仲間

キャンピングカー経験歴

40年

キャンピングカーを
使用する場所
道の駅・SA,海、河原
公営駐車場
くるま旅会員 非会員
投稿日

2008/02/18

旅の思い出・エピソード

1月26日-27日に続いて、2月9日-11日と2回目のニセコへスキーに行ってきました。今回は暖気でもあり、国道は雪もなくアイスバーン状態でなく、スムーズに約3時間で現地へ到着しました。
今回の搭乗者は同級生1名とスキー仲間の女性1名の計3名のキャンピング・スキーツアーです!
今回は前回のアクシデントを踏まえ・準備万端、キャンピングカーの清水タンクの充填は取止めました。と言うのは、外気温度が氷点下15°まで下がるので凍結の恐れがあるからです。それで暖房は灯油ストーブを使用するわけです。(今回は補充灯油を忘れません!)

1日目はNETで調べて22年ぶりに、ワイススキー場で滑る事にしました。ここは3年前にリフト停止しCAT(雪上車)で頂上へ運んでくれる魅力のある所です・・・当然、ゲレンデも整地してありませんのでパウダー・深雪スキーが楽しめるところです。自然を大事にと言うので、喫煙家は携帯灰皿持参勿論ごみ等は持ち帰りです・・・CATを4回滑って思う存分、林間コースのパウダスノーを楽しみました。(4時まで)

その後、キャンピーで泊まる場所を移動し、隣り山の比羅夫スキー場の公営駐車場に移動しました。そこでキャンピー設営!!!ここは山側からの傾斜があり、キャンピーが斜めになってしまうので、ジャッキ・アップの準備開始・・・収納庫を探しても見つからず困っていました。
今回も就寝時は傾斜で段々布団が下がってきてしまうのか〜。ところが相棒がニセコアルペンホテルの横に角材があるのに気づき、早速ホテルに交渉OKとの事で、左側車輪下に角材を敷き乗り上げて水平バランスを取って正解でした。
この日は、天然温泉ポポロの露天に入り、私の得意のレシピ(豚バラとキャベツの鍋)で舌包みして就寝しました。


2日目朝は雲一つ無い快晴でありましたので、チセヌプリスキー場の駐車場に移動し、リフト降りたらニセコ連峰がくっきりと綺麗でしたのでチセホルンを登り(約1時間30分)そこで、ニセコ全景に感銘しビールにて乾杯しパウダースノーを堪能しました。今日も公営駐車場で宿泊です。レトルトカレーと缶詰・サラダ等で食事を取り、有名な雪秩父の大露天風呂に入り疲れを癒しました。

3日目の朝は、ちょっと曇り空でありましたが、隣り山のモイワ山スキー場に移動してゲレンデにてボードにて12時まで滑べり帰還しました。

今回のウィンターキャンピーは、前回の教訓を生かしたのですが(補充灯油)ジャッキを乗せてなかったのが残念です。
ウィンタースポーツは終盤になりましたが、これからもキャンピングカーをフルに生かして、海川釣り・マリンスポーツ・キャンプ・温泉・旅行等を益々楽しく行いたいと思います。

キャンピングカーがあって良かったところ

キャンピーだとお腹が空いたら、川原等に止めて食事が作れて
何処にでも移動できてお金の出費を最小限にできて優れもの^^♪

お薦め場所

ワイススキー場のCAT。国民宿舎「雪秩父」の露天風呂。比羅夫スキー場前のポポロの露天。チセヌプリスキー場。

 

オーナーレポート「ウィンタースポーツ(スキー・スノボー)」一覧へ戻る

 

あなたのキャンピングカーライフも是非みなさんに発表してください!“キャンパーの情報広場” オーナーレポート大募集

▲上へ 

 

JRVAについて | くるま旅 | 個人情報の取り扱い | JRVAへのお問い合わせ | サイトに関するお問い合わせ | サイトマップ
Copyright (C) Japan Recreational Vehicle Association Office . All Rights Reserved.