1. トップ
  2. 協会ニュース一覧
  3. 2017年08月29日付け協会ニュース
協会ニュース

キャンピングカーユーザーが旅先で求める「コミュニケーション」を実態調査
~貴重な旅の情報は他のキャンピングカーユーザーや地元の人々とのコミュニケーションから~

一般社団法人日本RV協会(所在地:東京都町田市、会長:降旗 貴史)は、キャンピングカー旅行を楽しむユーザーに対し、旅行中で出会った人々とのコミュニケーションをどう楽しんでいるのか、またどのような会話を交わしているかなどについて、調査しました。
その結果、同じキャンピングカーユーザーと出会ったときは、軽く挨拶を交わす程度に収めるという回答が半数を超えましたが、なかにはお互いに声をかけあって情報交換を行う人が25%以上。また地元の土産物店などでは、約5割のユーザーが地元の人たちのとの触れ合いを楽しんでいることが分りました。そして、そのようなコミュニケーションをはかる目的としていちばん多いのは、その土地の穴場的な観光情報であることも判明しました。
 日本RV協会URL: http://www.jrva.com/

1) 他のユーザーや地元の人々との交流を楽しむ人は2割

この調査は、7月18日から8月17日にかけて、当協会のホームページに寄せられた約150件のアンケートデータをもとに行われました。
その結果、「道の駅や高速道路のSA・PA、あるいはキャンプ場やRVパークで他のキャンピングカーユーザーが近い距離にいた場合、コミュニケーションを取りますか?」という問に関して、6割の人々が「そのユーザーと目が合わなければ、特に声をかけたりすることはないが、目と目が合ったら挨拶をする」と答えました。
こうしてみるとキャンピングカーユーザー同士は、挨拶程度の日常的なコミュニケーションを取っているように感じられますが、それでも26%を超えるユーザーは「相手と相性が合いそうなときは、声をかけ、お互いの車のことを尋ね合ったり、旅先の情報交換などを行う」という積極的な回答を寄せました。さらに3.4%の人が「過去に相手方家族と意気投合して夜の食事などを楽しんだことがあったが、これからも相手方が望めば同じような交流を図りたい」と答えました。(図表1)

図表1

また、地元の人々とコミュニケーションをはかる場合も、同じような結果が得られました。「旅先で立ち寄った飲食店や観光施設の店員などと触れ合うことは好きですか」と尋ねたところ、6割以上の人が「相手から話しかけられたときは応じるが、こちらから積極的に話しかけたりすることはない」と答えました。しかし、23.4%の人は「土産物を買うときや食事をするときには積極的に声をかけ、会話を楽しんでいる」と答えています。さらに8.5%の人は「夜はその土地の居酒屋などに繰り出し、夕食を楽しみながら店員や地元客と会話を交わしている」という回答を選んでいます。(図表2)

図表2

キャンピングカーユーザーが旅先での食事や土産物の購入等に支払う1日あたりの金額の平均額について一番多かった回答は、「4,001円~6,000円以内」という回答で、全体の29.8%を占めました。それに続いたのは「8,001円~10,000円以内」(20.6%)という回答でした。次に多かったのは「2,001円~4,000円以内」(14.9%)という回答でした。もちろんトータルの出費額は、家族構成によって変わってくることは当然ですが、平均してみると、キャンピングカーユーザーが観光に使う金額はおよそ1日「5,000円」程度という様子が見えてきました。(図表3)

図表3

 2) コミュニケーションの目的を解くキーワードは「穴場」

 地元の人たちと会話を交わすきっかけとしていちばん多いのは、「土産物屋などの店員から商品知識を受けるとき」というもので、回答率は47.0%に達しました。次に多かったのは、「観光施設や美術館・博物館等で係員から説明を受けるとき」(19.4%)。3番目は「食堂・レストランなどで食べ物をオーダーするとき」(17.2%)となりました。(図表4)

図表4

上記のような会話の機会を得たとき、その話題の中心となるものとして44%の人が答えたのは「その土地の“隠れた”穴場的観光スポットの情報」というもので、さらに「土地の人しか知らない地元のグルメ情報」(28.8%)という回答がそれに続きました。(図表5)

図表5

一方、ユーザー同士が旅先で知り会ったときの話題の中心も似たような傾向を示しました。いちばん多かった回答は、「お互いにここまで旅してきたルートの情報交換や穴場的観光スポットなどの情報」(39.4%)で、ともにキーワードは“穴場”でした。
さらに、面白いのは、やはりペット同伴旅行を楽しむキャンピングカーユーザーが多いことを反映して、2番目に浮上した回答は「(お互いにペットがいれば)ペットの話題というもので、その回答率は21.3%に達しました。
また、いかにもユーザー同士らしい会話として、「お互いのキャンピングカーの使い勝手の特徴やレイアウト、装備類などのメリット・デメリットなどの情報交換。お互いのキャンピングカー遍歴の話題」という答も20.5%を占めました。(図表6)

図表6

最後に、「3泊4日から1週間程度の旅行の場合、地元の人たちやキャンピングカーユーザーを含め、いったい何人ぐらいの人たちと会話をしますか」という問を設けてみました。
その回答においては、「1~3人くらい」という回答と、「4~6人くらい」という回答がともに37.3%で並びました。さらに「7~10人ぐらい」の16.7%を足すと91.3%。いずれにせよ、1週間以内の旅行の場合、ほとんどのユーザーが会話を交わす人の数は10人以内であることが浮かび上がりました。(図表7)

図表7

3) 調査結果からのまとめ

今回の調査では、キャンピングカー旅行というものが、いかに生きた情報交換を軸として成立しているものかということが非常に明瞭に浮かび上がりました。ここでユーザーが求めているものは「穴場」という言葉に集約されます。
つまり、キャンピングカー旅行というのは、その土地でしか知ることができない“穴場的観光スポット”や“穴場的グルメ”の情報を入手しやすい旅行のひとつであり、かつそういう情報を得たときに、キャンピングカーは比較的スムーズに行動に移りやすい旅行ツールだということです。
 穴場スポットは交通の不便な場所にあることも多く、そこまでたどり着くのに、場合によって宿泊が必要となるかもしれません。しかし、キャンピングカーは状況に応じて、道中で宿泊することもできます。つまり、キャンピングカーは地元の人々が教えてくれた穴場スポットを時間をかけて探索・鑑賞するのに都合がよい乗り物なのです。
 確かに、スマートフォンなどによってどんな場所でも臨機応変にネット情報を取得しやすい環境のなかで生きる私たちは、検索次第である程度はその土地の穴場情報を探し出すことができるかもしれません。しかし、その様なネット世界においてもまだまだ掲載されていない穴場情報があります。
 現地の人々とコミュニケーションを取る機会さえあれば交通の不便な地域において活動しやすいキャンピングカーライフにおいては、地元の人々だけが知る穴場的観光スポットやグルメを楽しむことができる可能性は高いと思われます。
キャンピングカーユーザーとして守るべきマナーは種々あり、マナーを守ることは当然のことですが、マナーを守ることによって地元の人と交流を深め、より豊かな旅の思い出が生まれることは明らかです。


 【調査概要】
調査地域:全国
調査対象:日本RV協会ホームページ閲覧者
調査手法:Webアンケート
調査時期:2017年7月18日(火)~2017年8月17日(木)

 

最新RVパークのご紹介

<RVパーク道の駅のと千里浜(石川県)>

能登の入り口にあり、近くには日本で唯一の車で走れる砂浜「千里浜なぎさドライブウェイ」や北陸唯一の五重塔を有する妙成寺等の観光地があります。敷地内には、農水産物等の販売施設、簡易洗車施設や足湯施設などもございます。
【オープン】 2017年7月7日(金)
【利用料金】 1泊 2,000円/1台(トレーラー含む)
【所在地】 石川県羽咋市千里浜町タ1番地62
【電話】 0767-22-3891
【URL】 http://www.kurumatabi.com/park/rvpark/693.html

<RVパーク伊香保温泉 伊草酒店(群馬県)>

温泉街中心から少し離れた場所の地酒専門店によるRVパークです。地酒、物産品を中心に、若干アウトドア商品なども販売しています。隣接する施設には、日帰り入浴可能な旅館や、ドッグランがあります。温泉街巡回バス停留所も近いため、車を置いて観光に出掛けることもできます。
【オープン】 2017年7月7日(金)
【利用料金】 1泊 2,000円/1台(トレーラー含む)
【所在地】 群馬県渋川市伊香保町伊香保544-74
【電話】 0279-72-2178
【URL】 http://www.kurumatabi.com/park/rvpark/694.html

<RVパーク道の駅こすげ(山梨県)>

「道の駅こすげ」内にあるRVパーク。静かな自然の中にあり、夜は美しい星空を見ることができます。周辺には美人の湯で評判の高い「小菅の湯」や、自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー・こすげ」があり、家族や友人とゆったりと過ごすことができます。
【オープン】 2017年7月9日(日)
【利用料金】 1泊 2,500円/1台
【所在地】 山梨県北都留郡小菅村3445番地
【電話】 050-5897-9881
【URL】 http://www.kurumatabi.com/park/rvpark/695.html

<RVパークみどりの村(埼玉県)>

埼玉県営公園内にあるRVパークですので、アスレチック、ジャブジャブ池、テニスコート、多目的ホール、ステージなどを付帯しています。鳥のさえずりを耳にしながらのんびりと1日を過ごせる場所です。またRVパークにはカフェも併設しています。
【オープン】 2017年7月15日(土)
【利用料金】 1泊 2,000円/1台(トレーラー含む)
【所在地】 埼玉県秩父市上吉田1011
【電話】 090-2166-0447
【URL】 http://www.kurumatabi.com/park/rvpark/697.html

<RVパーク風来望(熊本県)>

自然豊かな雲仙天草国立公園内にあり、目の前は紺碧の東シナ海。浜まで歩いて数十秒のロケーションのため、マリンスポーツを楽しむことができます。山や川も間近にあるため、鳥のさえずり、川のせせらぎ、蛍の瞬きなども楽しめます。
【オープン】 2017年7月15日(土)
【利用料金】 1泊 2,000円/1台(トレーラー含む)
【所在地】 熊本県天草市天草町下田南3809-1
【電話】 0969-42-3911
【URL】 http://www.kurumatabi.com/park/rvpark/698.html

<RVパーク美郷の湯byNEXTLIFE(徳島県)>

徳島県吉野川市美郷地区は、全国で始めて「梅酒特区」の認定を受け、5軒の酒蔵が様々な品種の梅酒を作っています。また「美郷のホタル及び、その生息地」として国の天然記念物に指定されており、ホタルが飛ぶ流域面積、数、期間とも全国でも有数の地域です。
【オープン】 2017年8月1日(火)
【利用料金】 1泊 2,500円/1台
【所在地】 徳島県吉野川市美郷奥丸75-1
【電話】 0883-43-2626
【URL】 http://www.kurumatabi.com/park/rvpark/700.html

<RVパーク湯乃禅の里(福岡県)>

RVパーク湯乃禅の里の敷地内には5つの家族風呂、男女合わせて10種の露天風呂、3ヶ所の食事処も併設しており、移動の時間をかけずに脇田温泉の上質なお湯を楽しむことができます。また、マッサージ処やエステもあり、疲れた身体をリフレッシュすることもできます。
【オープン】 2017年8月8日(火)
【利用料金】 1泊 2,000円/1台
【所在地】 福岡県宮若市脇田507
【電話】 0949-54-0123
【URL】 http://www.kurumatabi.com/park/rvpark/702.html

 RVパーク施設一覧: http://www.kurumatabi.com/rvpark/list.html

大阪キャンピングカーフェア2017 ~ 秋の大商談会 ~

9月16日(土)から17日(日)にかけて、秋の関西で最大級のキャンピングカーイベントである「大阪キャンピングカーフェア2017」が開催されます。関西地区を代表するビッグイベントとして各社の最新キャンピングカーが勢揃いし、秋に集中する全国キャンピングカーショーの先駆けともなる一大イベントとなっています。

 【「大阪キャンピングカーフェア2017」概要】
開催日時 : 2017年9月16日(土)10:00~17:00
          9月17日(日)10:00~17:00
会場   : インテックス大阪4号館・5号館A/B
       (大阪市住之江区南港北1-5-102)
問い合わせ: 大阪キャンピングカーフェア2017事務局
        06−6223−7888
URL    : http://jrva-event.com/osaka/

 

一般社団法人日本RV協会

関連ニュース

第104号「RVパーク」開設のお知らせ

2017年09月24日公開 (2017年09月24日更新)

第103号「RVパーク」開設のお知らせ

2017年09月21日公開 (2017年09月22日更新)

第102号「RVパーク」開設のお知らせ

2017年09月08日公開 (2017年09月08日更新)

第101号「RVパーク」開設のお知らせ

2017年08月06日公開 (2017年08月10日更新)

第100号「RVパーク」開設のお知らせ

2017年07月28日公開 (2017年08月01日更新)