1. トップ
  2. 協会ニュース一覧
  3. 2016年06月06日付け協会ニュース
協会ニュース

キャンピングカーの「ユーザー像」に関する調査
~世帯収入は400万円未満と1,000万円以上で二極化~

 一般社団法人 日本RV協会(所在地:東京都町田市、会長:増田 浩一)では、キャンピングカーユーザーの年齢構成、世帯収入、および車両の購入価格帯などを調査しました。
 それによると、年齢では40代後半から50代が最も多く、世帯収入では「400万円未満」と「1,000万円以上」という2つの層に分かれました。購入した車両で最も多かった価格帯は「500万円台」というユーザー像が浮かび上がってきました。
日本RV協会URL: http://www.jrva.com/

■中心的なユーザーの年齢は40代後半から50代

 この調査は、この4月18日から5月17日にかけて当協会のホームページに寄せられた約210人のユーザーアンケートを集計したものですが、回答者の住んでいる地域をみると、関東が37.4%と最も多く、次いで九州・沖縄(14.0%)、東海(13.1%)、近畿(12.1%)という順になりました。
 このことから、人口が集中している東京都を含む関東圏からの回答が一番多いことが判明し、ユーザー人口についても関東圏に集中していると言えるでしょう。(図表1)

図表1

 また、回答を寄せたキャンピングカーユーザーを職業別に見ていくと、「会社員」という回答が圧倒的に多く、42.2%を占めて1位になりました。2位には、「自営業」や「会社役員」などという回答を抑え、「定年により退職」(16.1%)という回答が上がりました。以上のことから、キャンピングカーがシニア層に浸透している様子が浮かび上がってきました。(図表2)

図表2

 では、現在のキャンピングカーユーザーの年齢分布はどのようになっているのでしょうか。
 浮かび上がってきたのは、40代後半から50代のユーザーが年齢分布のコアを形成しているという状況でした。ちなみに40代後半が20.0%、50代前半が19.5%、50代後半が17.6%となり、40代と50代を合わせると、全部で70%という回答率を示しました。
 一方、60代以上は24.7%となり、シニアマーケットが広がりつつあるといっても、やはり中軸となるのは40代~50代の「現役世代」という状況が浮かんできました。(図表3)

図表3

■世帯収入では「400万円未満」がトップ。「1,000万円以上」がそれに続く

 では、ユーザーの世帯収入(世帯構成員全体の合計年収)はいったいどのくらいなのでしょうか。
 一番多かったのは、「400万円未満」という回答で、その割合は21.0%。その次は「1,000万円以上」というもので、19.5%でした。(図表4)

図表4

 この数値は、「キャンピングカー白書」2014年版(2013年データ)とほぼ似たような傾向を示し、キャンピングカーユーザーの所得が、相変わらず二極化していることを物語っています。
 このことは、世帯収入が「400万円未満」であってもキャンピングカーを購入しているユーザーが多いということを示唆するものであり、キャンピングカーが決して一部の高額所得者のものではないことを意味しています。
 つまり、子供たちが独立して家を出たシニア世帯においては、それまで負担していた子供の養育費や教育費がなくなるため、世帯収入が減少してもキャンピングカーを維持できていると考えられます。

■一番売れている車の価格帯は500万円台

 では、ユーザーが現在所有しているキャンピングカーの購入価格はいったいどのくらいなのでしょうか。
 一番多かったのは、「500万円台」(22.0%)という答でした。それに続いたのは「600万円台」(17.0%)で、3番目は「400万円台」(15.5%)でした。こうしてみると、400万円台~600万円台という枠の中に、半数を超える54.5%の回答が集中していることが分かりました。(図表5)

図表5

 この「400~600万円」という価格帯は、国産キャブコンの平均的な価格帯を表しており、かつ一部の高級バンコンの価格帯をも表しています。
 このことを裏付けるように、ユーザーが所有しているキャンピングカーでは、「国産キャブコン」が41.3%を示してトップに立ち、「国産バンコン」(30.3%)がそれに続くという結果となりました。(図表6)

図表6

 なお、本調査においては、ユーザーがいったい何歳ぐらいのときにキャンピングカーが欲しいと思い始めたのか、ということも調べてみました。それによると、「30代」(32.1%)という回答が一番多く、続いて40代(23.9%)、50代(20.1%)という回答が返ってきました。(図表7)

図表7

 これをみると、ユーザーは実際にキャンピングカーを所有する年齢よりも10歳ぐらい若いときから、その購入を思い描いていたということが伝わってきます。
 最後に、キャンピングカークラブに加盟している人の率も尋ねてみました。その結果、41.8%の人がどこのクラブにも属していないことが分かりました。それ以外のユーザーは、「くるま旅クラブ」もしくは「ビルダー・販売店のユーザークラブ」あるいはその他のユーザークラブ(「ビルダー・販売店のユーザークラブ」を除く)に所属していることが分かりました。
 そのうち「くるま旅クラブ」と、その他の「ビルダー・販売店のユーザークラブ」もしくその他のユーザークラブと掛け持ちしている人の割合は49.3%に及ぶことも判明しました。何らかのクラブに属している人のうち、かなりの人が「くるま旅クラブ」に入会していることが分かりました。(図表8)

図表8

■調査結果からのまとめ
<キャンピングカーユーザーの経済的基盤は安定している>

  「景気回復の足取りが鈍い」などと言われている昨今ですが、今回の調査でキャンピングカーユーザーの世帯収入や車の購入金額の実情に迫ってみると、世帯収入にかかわらず、キャンピングカーを購入し維持しているユーザーの姿が浮かび上がってきました。
  世帯収入を見ると、「400万円未満」という回答が21.0%を占めましたが、一方では「1,000万円以上」という回答も19.5%を示しました。「500万円台」から「900万円台」という回答を合わせると、約7割近い数値になることからも、キャンピングカーユーザーの経済的基盤が安定していることが伝わってきます。


■調査概要
調査地域:全国
調査対象:日本RV協会ホームページ閲覧者
調査手法:Webアンケート
調査時期:2016年4月18日~2016年5月17日

 

■近日オープンしたRVパークのご紹介

 <RVパーク伊香保(群馬県)[2016年5月28日(土)オープン]>

 関越自動車道・渋川伊香保ICに隣接したアクセスのよいRVパークです。キャンピングカー総合展示場と併設しているため、ご利用中に修理からお車の診断まで対応できる万全のサービス体制を備えています(一部予約制)。旅の中継ステーションとしても活用できます。

利用料金: 1泊 2,000円/1台(トレーラー含む)
所在地 : 群馬県渋川市中村755-1
電話  : 0279-22-4841
 URL   : http://www.kurumatabi.com/park/rvpark/655.html

 

 ■九州復興応援イベントの開催について

 今年で15回目の開催を予定していた「九州キャンピングカーショー2016」は、熊本・大分の地震の影響により会場のグランメッセ熊本が使用不可能となり、誠に残念ながら開催を見送らざるを得ない状況となりました。
 そこで、~私たちにできること~を合い言葉に復興への祈りを込めて、「九州復興応援イベント がんばろう九州!キャンピングカーフェアinサンメッセ鳥栖」を開催する運びとなりました。会場予定地である「サンメッセ鳥栖」は九州の交通の要所と言われる鳥栖市にあり、九州道と長崎道・大分道が交わる交通の便の良い場所です。

 <イベントの日程および詳細>
会期   : 2016年6月11日(土)・12(日) 午前10時から午後5時まで
会場   : サンメッセ鳥栖・屋外芝生広場
        〒841-0026 佐賀県鳥栖市本鳥栖町1891番地
主催   : がんばろう九州!キャンピングカーフェア実行委員会
問い合わせ: 事務局 株式会社アドベンチャー/担当:伊藤、畠田
TEL    : 096-214-1613
FAX    : 096-214-1614
後援   : 一般社団法人 日本RV協会
入場料  : 無料
URL    : http://jrva-event.com/event/kyushu/


【一般社団法人 日本RV協会】
人と車と自然が一体となった豊かで潤いのある「くるま旅」を提唱し、キャンピングカーライフを日本に根付いた文化として育成・発展させるために、さまざまな活動を行っています。

 

 

一般社団法人日本RV協会

関連ニュース

第109号「RVパーク」開設のお知らせ

2017年12月13日公開 (2017年12月14日更新)

JRVA公式マスコットキャラクター決定しました!

2017年12月05日公開 (2017年12月11日更新)

JRVAマスコットキャラクター大募集

2017年09月26日公開 (2017年12月11日更新)

第108号「RVパーク」開設のお知らせ

2017年11月25日公開 (2017年12月11日更新)

RVパーク体験者の8割が「泊まって良かった!」と評価 キャンピングカーユーザーのRVパーク利用状況に関する実態調査

2017年11月20日公開 (2017年11月20日更新)