1. トップ
  2. 協会ニュース一覧
  3. 2015年11月06日付け協会ニュース
協会ニュース

RVパークを利用したキャンピングカーユーザーが4割弱の中
利用者の約9割がRVパークの管理者に好印象
~「RVパークをさらに全国に普及させてほしい」との声が過半数~

  一般社団法人 日本RV協会(所在地:東京都町田市、会長:増田 浩一)では、これまでにRVパークを利用したキャンピングカーユーザーがどれだけいるのか、また利用したときの印象はどのようなものだったかを調査しました。
 その結果、利用した人はまだ回答者の4割弱にすぎませんでしたが、AC電源設備やゴミ処理システムを高く評価したり、公認された場所での宿泊に安心感を得たという声が多数を占めました。また施設管理者に対して好印象を持った利用者が多く、リピーターとしてその施設を再訪問する意欲も高いことが分りました。
日本RV協会URL:http://www.jrva.com/

RVパーク利用者はまだ4割。しかし利用頻度は高いことが判明

 当協会が、キャンピングカーユーザーや車中泊者のための公認された宿泊施設として整備を進めてきたRVパークも、今年で4年目を迎え、この11月9日現在で58件を数えるようになりました。そこで、同施設の利用比率はどのくらいなのか、また利用者の評価はどのようなものであるかを、当協会HPを通じてアンケート調査を行いました。
 調査対象となったユーザーの回答数は約300件でしたが、そのうちの63.3%の人が「まだ利用したことがない」と答えており、全体としてのRVパークの利用率は、まだそれほど高まってはいないことが判明しました。
 しかし「利用した」と答えたユーザーの使用頻度は高く、「2回~5回」という回答が16.4%にのぼり、「1回」(15.7%)という回答を上回りました。さらに少数ながら「6~9回」、「10回以上」という回答もありました。(図表1)

 また、RVパークに付随する設備におけるAC電源の利用率を調べると、「必ず電源を利用する」と答えた人が67.2%に達し、さらに、「ほとんどの場合利用する」、「利用するかしないかは半々ぐらい」という回答まで含めると、83.6%のユーザーが電源設備を利用していることが分りました。(図表2)

 一方、「AC電源を利用しない」人にその理由を尋ねると、「サブバッテリーに充電していた電気でまかなえると思った」(59.6%)、「AC電源に頼るほどの電装品を装備していない」(25.5%)などの回答が得られました。(図表3)

 また、RVパークには、旅行中に生じたゴミを処理してもらうシステムが整備されていますが、このシステムを利用しているユーザーが多いことも分かりました。詳細をみると、「だいたいゴミ処理をお願いしている」(33.3%)、「生ゴミなどが溜まって旅行に支障が出るときに利用する」(30.8%)となり、合わせて6割強の人がゴミ処理をお願いしている状況が伝わってきました。なかにはマナーの観点から、「ゴミは持ち帰りをモットーにしているので利用しない」、「ゴミの出ないような旅行を心掛けている」という声も聞かれました。(図表4)

公認された場所で宿泊できることへの高評価

  このたびの調査では、「RVパークを利用したときにいちばん“ありがたかった”と感じられたものは何か」という設問も設けてみました。
  すると、ここでもやはり「AC電源が使えるので電気を使用することへの不安がなかった」(38.0%)という回答がトップに立ちましたが、それに続き、「宿泊することが公認された場所なので安心感があった」(32.4%)という回答があがりました。その回答から、逆に、宿泊がはっきりと公認されたわけではなかった道の駅などに泊ることに“後ろめたい”気分を抱いていたユーザーが多かったことが推測されます。(図表5)

 では、RVパークの利用者は、その管理者にどのような印象を持ったのでしょうか。それを尋ねてみたところ、「たいへんよく対応してもらったので、利用して良かった。ここなら何度も来てみたいと思った」という回答がほぼ半数(49.5%)にのぼりました。この回答に、さらに「普通の対応だったが、印象は悪くなかった」(40.4%)という回答を含めると、利用者の約9割が、泊った場所の管理者に好印象を抱いていることが判明いたしました。それに対し、「事務的な対応をされたので、多少味気ない思いをした」、「管理者が慣れていなかったのか、あまり対応が良くなかった」という回答は合わせても1割にとどまりました。(図表6)

RVパーク管理者も「集客につながった」と満足感を表明

 このようなユーザー側の感想に対し、RVパークの管理者側はこのRVパークというシステムをどう評価しているのでしょうか。当協会が、本調査とは別にRVパーク管理者に対してアンケート調査を行ったところ、管理者サイドにおいても、概ねRVパークの評価が高いことが判明しました。
 管理者側のアンケート調査から、記述式の回答欄に寄せられたメッセージの中から代表的な声を拾ってみると、「RVパークが車中泊をしている他の乗用車へのマナー啓蒙の役目を果たしている。新たな集客分野として期待できる」、「(母体の)ホテルが満室でも売り上げがアップした。館内のその他のサービスも利用してもらえので、トップシーズンの売り上げが増えた」などという声も届きました。
 しかし、良い評価だけではなく、なかには次のような悩みを訴える管理者もいました。「遠方から来られる利用者のマナーの悪さが目立つ。指示してもゴミの分別ができていない。断りもなく勝手に洗車をする。車外の調理を禁じているのに堂々と料理を作る。(協会で)RVパークを利用するときのマニュアルなどを作成し、啓蒙してほしい」(※RVパークによっては車外の調理を認めているところがあります。)
 一部、ネガティブな感想を寄せられた管理者もいらっしゃいましたが、大半の管理者はRVパークを高く評価し、利用者のさらなる増加に期待を寄せているようです。

ユーザーのもっとも望むものは、RVパークの増加とその全国展開

 最後に、RVパークに対する将来の希望として、キャンピングカーユーザーがいちばん望んでいるものは何かということを調査しました。その結果、「さらに全国に普及させてほしい」という意見が61.7%を占めました。それ以外の回答が分散していることを考えると、現時点での、ユーザーのいちばんの希望はRVパークの数が増えて、それが全国展開していくことに尽きるようです。
 ちなみに、それ以外の少数意見を拾ってみると、「景色が良い、見晴らしが素晴らしいなど、ロケーションの良い場所を増やしてほしい」(9.3%)、「料金・宿泊システムや施設の充実度がまちまちなので、統一基準を設けるかグレード分けを公表してほしい」(9.3%)、「電源などは必要ないから、料金を安くしてほしい」(6.2%)、「夏場のエアコンも心配なく駆動できるように、供給される電源のアンペア数を統一してほしい」(6.2%)、「基本的に中サイズの自走式車両に対応しているものが多いので、大型車両やトレーラーも苦労なく使える設備やスペースを確保してほしい」(5.6%)などといった希望が寄せられました。(図表7)

調査結果からのまとめ

 今回の調査は、「RVパークを利用した人の意見」というテーマに限定したために、回答の集計数はこれまでの調査よりも若干少ないものとなりました。しかし、ユーザーが実際にキャンピングカーを使い、現地のRVパークにおもむいて、自分の視たまま、感じたままの感想が反映しているため、非常に精度の高い調査結果になったように思われます。
 RVパークに付随する諸設備のなかで、AC電源の利用率が67.2%という高い利用率を示したことは、やはり近年のキャンピングカーの電装機器が飛躍的に充実してきたことを物語っているといえるでしょう。また、多くの利用者が、RVパークのメリットとして「AC電源」を挙げたのもそのことを裏付けています。日本の夏は、近年ますます高温多湿化傾向を強めているため、キャンピングカーにおいても、エアコン、冷蔵庫などの装着率、稼働率がさらに高まっていくことが予想されます。したがって、その電源を確保するためのRVパークが、今後キャンピングカーユーザーの「オアシス」として、より一層認知アップされることは間違いないでしょう。
 調査結果を全体通してみると、そこから伝わってくるものは、当協会が進めてきたRVパーク構想が、今や新しい「くるま旅」の形を実現し始めているという実感でした。
 利用者が寄せたRVパークのメリットとして、「宿泊することが公認された場所なので安心感があった」という回答があがったことは、それが当協会の掲げる一つの大きなテーマでもありましたから、うれしい評価でした。マナーやモラルにもかかわる部分がユーザーの意識に浸透していることが確認できたことは、当協会にとっても今後の啓蒙活動への後押しになりました。

 

「福岡キャンピングカー&アウトドアショー2015」開催迫る

 また、この11月14日(土)から15日(日)にかけて、九州最大のアウトドア紹介イベント「福岡キャンピングカー&アウトドアショー2015」が開催されます。アウトドア用品から最新のキャンピングカー、さらには旅の目的地である自然豊かな九州各地の情報も満載のイベントです。

「福岡キャンピングカー&アウトドアショー2015」の日程および詳細

開催日時: 2015年11月14日(土)~15日(日) 9:30~17:00
会場: マリンメッセ福岡 福岡市博多区沖浜町7-1 TEL.092-262-4111
主催: 福岡キャンピングカー&アウトドアショー実行委員会
特別協力: 一般社団法人 日本RV協会(JRVA)
問い合わせ: 福岡キャンピングカー&アウトドアショー事務局 TEL.0800-200-2523
入場料: 前売/大人(高校生以上)700円(税込)
     当日/大人(高校生以上)1,000円(税込)
     中学生以下 無料
ホームページ: http://fukuoka-rv.com/
出展&イベント内容: キャンピングカーの展示・販売、ボルダリング、アウトドアレジャー関連店舗出展、自然教室、土で遊ぶろくろ体験、レスキュー講習会など

■調査概要
調査地域:全国
調査対象:日本RV協会ホームページ閲覧者
調査手法:Webアンケート
調査時期:2015年9月18日~10月17日

【一般社団法人 日本RV協会】
 人と車と自然が一体となった豊かで潤いのある「くるま旅」を提唱し、キャンピングカーライフを日本に根付いた文化として育成・発展させるために、さまざまな活動を行っています。

一般社団法人日本RV協会

関連ニュース

第109号「RVパーク」開設のお知らせ

2017年12月13日公開 (2017年12月14日更新)

JRVA公式マスコットキャラクター決定しました!

2017年12月05日公開 (2017年12月11日更新)

JRVAマスコットキャラクター大募集

2017年09月26日公開 (2017年12月11日更新)

第108号「RVパーク」開設のお知らせ

2017年11月25日公開 (2017年12月11日更新)

RVパーク体験者の8割が「泊まって良かった!」と評価 キャンピングカーユーザーのRVパーク利用状況に関する実態調査

2017年11月20日公開 (2017年11月20日更新)