1. トップ
  2. コラム一覧
  3. 山口則夫2017年06月30日付けコラム
コラム

愛車のメンテナンス 最初の一歩はコーキング

 梅雨どき真っただ中の今、雨が降ると愛車の雨漏りが心配…、というユーザーもいるハズ。そこで今回は、キャンピングカーをメンテナンスする上で、もっとも重要とされるコーキングについてのお話し。どんな作用があるのか、なぜメンテナンスが必要なのかをはじめ、その気になれば、だれでも簡単に施工できることをお教えしよう。

 

 まずはじめにコーキングとは? 主には、すき間を埋めて気密性や防水性を高める処理をいう。シェル構造のキャンピングカーであれば、ボディを形成する外壁材やパネルの接合部、窓枠やベンチレーターの周辺、ビス穴やサイドオーニングの取り付け部分など、多くの箇所に使われている。それらは接着剤としても利用されるほか、何よりも水を浸入させない効果がある。

 

 その典型がルーフベンチレーターだ。通常、ルーフベンチレーターを取り付けるにはルーフをカットして、枠をはめ込むのだが、その枠と切り口にはわずかなすき間ができる。そこにコーキングを充填することで、水の浸入を防止するのだ。窓枠に関してもほぼ同様の使い方。さらに車外だけでなく、車内でもマルチルーム内のつなぎ目や防水処理、キッチンのシンクと天板の接合に使わている。

 

 

POINT① 状態の確認

 そもそも、なぜコーキングは補修しないといけないのか? それはコーキングの材料にある。その種類や用途はさまざまだが、シリコン系が一般的で上から色を塗る場合は変性シリコン系を使う。これらは柔軟性のある素材で、硬質ゴムのような弾力性がある。室内に使用する場合は劣化しにくいが、車外では紫外線や風雨、寒暖差の影響を受けるために劣化する。その多くは痩せで、盛り上がりがなくなりヘコんだ状態になる。さらに厄介なのが切れや割れ。水が染み込み、ひどい場合は車内まで入り込む。それがごくわずかであっても、毛細管現象から浸透してしまうのだ。

 

コーキングの劣化による剥がれ。見るも無残な姿に…

 

 

POINT② 徹底的に除去

 補修において重要となるのが、これまでのコーキング箇所を剥がすこと。初めて施工するのであれば問題ないが、すでにコーキングがある場合は徹底的に剥がす。これをしっかりやらないと意味がない。素人考えでは、上から塗れば覆ってしまうのだから大丈夫と思いがちだが、重ねての施工は接着強度が落ちる。また、割れや劣化部分だけ施工するのもダメ。すぐに劣化して、毛細管現象を起こすのだ。除去にはカッターや各種ヘラを使うのだが、同時にパーツクリーナーを併用すると効果的に落とせるし、同時に脱脂もできてしまう。

 

カッター切って剥がしたあとにパーツクリーナーで脱脂。吹き付けながらカットするのも有効だ

 

 

POINT③ キレイに仕上げるために

 コーキングをキレイに仕上げるための要点となるのがマスキングだ。これさえうまくできれば、あとは多少失敗したって問題ないほど。その貼りこみで重要視されるのがコーナー部分。直線部分は幅だけを考えて、真っ直ぐに貼るのでだれでも簡単。ただし曲線部分は、曲げながら貼るのでちょっと大変。作業方法としては、なるべく細いマスキングテープを使い円状に貼りこむか、細かくちぎって曲線にするのがベスト。カクカクとならないように貼るのだ。

 

①細かくちぎってペタペタ ②美しい仕上がり ③餃子のヒダのように重ねて貼る ④これもちぎって貼った

 

 

POINT④ あとはとっても簡単!

 ガンを使ってコーキング剤を充填。もっとも肝心に思えるが、もっとも簡単な作業。できるだけ均等に出すのだが、その量は多少多めでも少なくても大丈夫。それは後から均すから。その作業は指先でもいいのだが、ヘラを使う方がスジが入らずキレイな表面になる。充填後は、乾かないうちにマスキングテープを剥がす。乾いてしまうとマスキングといっしょにコーキングも剥がれてしまうのだが、速乾性ではないので焦ってやる必要はない。それよりもボディや窓に付かないように注意したい。

 

 

ガンはちょっと強めに握りこむ。均等に充填できなくても、後から慣らすので問題ない。粘度が高いのでタレもほとんどない

 

専用のヘラで均していく。削る取るような感覚で、もったいないようににも思えるが、慣れると充填量が分かって無駄がなくなる

 

マスキングテープは乾かないうちに剥がすのがポイント

 

完成。失敗しても大丈夫。慌てずに、完全硬化したら剥がして再施工すればいいのだから。車両全部でなくてもイイ。まずは簡単な窓周りやベンチレーターから挑戦! 車両すべてができるようなると、ますます自分のキャンピングカーに愛着がわくこと間違いなし! まずはやってみよう!

 

施工後、乾く前に水をスプレーすると表面のホコリが取れる。プロのワザ

 

 

山口則夫

月刊オートキャンパーをメインに活動しているフリーの編集者。趣味はサッカー観戦でFC東京の熱烈サポーター。地元の小学校サッカーチームの代表。JFAのサッカーD級コーチを取得しているので、編集業だけでなく、少年サッカーのコーチも生業にしようかな!? 面倒を見ているチームの練習試合相手は随時募集中!

http://komae1fc.jimdo.com/

関連コラム

“あの日”を境にすべての思考性が変化した

TAMA@MAC

2017年09月22日公開 (2016年02月26日更新)

ハンモックでお昼寝を

沖田雅生

2017年09月08日公開 (2017年05月15日更新)

キャンピングカーで回った関東のおすすめ道の駅
〈ファミリーで楽しめる〉

浅井佑一

2017年08月25日公開 (2015年10月02日更新)

キャンピングカーとDIY

わたなべたつお

2017年08月10日公開 (2015年09月17日更新)

アメリカの原風景

町田厚成

2017年07月28日公開 (2015年08月27日更新)