キャンピングカーの日本RV協会-JRVA
jrva.comを検索 www を検索
キャンピングカー・ビルダー、ディーラーが加盟する一般社団法人日本RV協会(JRVA)が提供するキャンピングカー情報
トップページ文字を大きくする方法
イベント情報
会員新着情報
新車・新製品情報
レンタル情報
くるま旅WEBサイト
キャンパーの情報広場
キャンピングカー基礎知識
お役立ちリンク
日本RV協会ニュース
協会会員名簿
JRVAトップキャンパーの情報広場 > キンピングカーのマナー・ゴミ問題-シンポジウム「より良きくるま旅を目指して」開催

 

 

キンピングカーのマナー・ゴミ問題

シンポジウム「より良きくるま旅を目指して」

トップ出席者プログラム内容開会の挨拶講演1 ・ 講演2 ・ 講演3 ・ 講演4
ディスカッション1 ・ ディスカッション2 ・ ディスカッション3閉会の挨拶

ディスカッション2 「マナー違反とは何か」

増田英樹

先ほどの中島さんの講演のなかで、「キャンピングカーを利用する人にもライセンスを発行したらどうか」という話が出た。
その引き合いとして、スクーバダイビングがライセンス制になっているという話も出たが、スクーバというのは危険も伴うので、ライセンスが必要になってきたという側面があると思う。誰でも問題なく乗れるキャンピングカーの場合は、ライセンスという考え方となじむかどうか。


中島祥和 マナー違反というのは、スクーバの危険性などとは違って、もっと悪質なものかもしれない。
  スキューバダイビングで、誤って死んでしまうのは、「リスク・オウン・マイセルフ」で、自分が責任をとればいいだけの話だが、ゴミを捨てたり、騒いで迷惑をかけたり、泊まってはいけないところに泊まるというのは、本人だけの問題ですむ話ではなく、周りの人間に迷惑をかけることになる。
  ライセンスと言った意味は、そういうことをユーザーに知らしめるという意味で、ユーザー教育の一環として捉えた方がいいように思う。

増田英樹

確かに、マナーというのは、他人に指摘されて、はじめて気づく部分がある。
自分の例で恐縮だが、かつて犬を散歩させていたとき、犬がある家の前でオシッコをしてしまった。
それを見て、家の前の道を掃除していた婦人が抗議してきた。
私は、犬が野外でオシッコをするは普通のことだと思っていたから、その抗議に対して腹が立ったが、よくよく考えてみると、誰だって自分の家の前で犬にオシッコをされたら迷惑に思うはずだ。そういうことに、今まで気づかなかった自分が、急に恥ずかしく思えた。

キャンピングカーのマナー問題も、それと同じことがいえるかもしれない。意識的にマナー違反をしている人もいるだろうが、もしかしたら、自分で悪いことをしているという自覚がない人もいると思う。そういう人に自覚を促すいい方法があるのだろうか。


アルスネット
  三浦 覚

キャンピングカーに20年ほど乗ってきて、それを基に「キャンピングカーで出かけよう」というホームページを運営している者だが、やはりマナー問題は重要なテーマだと考えている。

マナー違反を自覚していない人への啓蒙という意味では、やはりRV協会さんが作られた、カエルの絵を描き込んだ「マナーステッカー」などが有効であると思う。
私も、よく顔を出すキャンピングクラブでそれを配布した。すると、皆さん「喜んで協力させてもらいます」と気持ちよく受け取ってくれた。やはりキャンピングカーに乗っている人は、みな協力意識が高い。だから、ちょっとした啓蒙だけで、気づいてくれる人が多い。

また、道の駅でキャンプすることの問題は、かなり以前から出ていた。私たちは、そういう問題が、道の駅で泊まることを「パーキングキャンプ」すなわち「Pキャン」と呼んでいたことへの誤解から生じるものであることに気がついた。そのため、パソコン通信の時代から、「道の駅で泊まるのはキャンプではないので、Pキャンという言い方はやめよう」と啓蒙するようにしてきた。
今は、もう「Pキャン」という言葉はなくなって、かわりに「パーキング泊」、つまり「P泊」という言葉が一般的になってきたと思う。

私自身はキャンプ場にも行くし、P泊することもある。どちらもそれぞれのメリットがあるので、使い分けて楽しんでいる。


増田英樹

最初に、道の駅などで「P泊」をすることを提唱した専門誌に「オートキャンパー」があるが、その当時とはだいぶ状況が変わってきている。今は別のアプローチをされている思うが、それに対して、「オートキャンパー」さんから何か一言…。


オートキャンパー
松本

「オートキャンパー」誌では、読者の誤解が生じないように、以前から「P泊」のことを「車中泊」という言い方に変えている。
今日の話をうかがっていると、皆様の議論というのはだいたい同じような方向にあると感じた。
私も、最終的には、キャンピングカーは、やはりキャンピングカーに適したそれなりの施設に宿泊するべきだという考えを持っている。

今、オーストラリアをキャンピングカーで一周した人の記事を担当しているが、それによると、オーストラリアでは、リタイアした人たちが、自分の家を売り払って辺境の地を旅するというケースが非常に多い。
そういうことが可能なのは、やはりキャンプ場のようなインフラが、日本よりしっかりと整備されているからだ。だから日本においても、キャンピングカーは、泊まるべきところに泊まるという方向になるべきだろう。


ディスカッション2 「マナー違反とは何か」 おわり

前へ          次へ

▲上へ 

 

JRVAについて | くるま旅 | 個人情報の取り扱い | JRVAへのお問い合わせ | サイトに関するお問い合わせ | サイトマップ
Copyright (C) Japan Recreational Vehicle Association Office . All Rights Reserved.