キャンピングカーの日本RV協会-JRVA
jrva.comを検索 www を検索
キャンピングカー・ビルダー、ディーラーが加盟する一般社団法人日本RV協会(JRVA)が提供するキャンピングカー情報
トップページ文字を大きくする方法
イベント情報
会員新着情報
新車・新製品情報
レンタル情報
くるま旅WEBサイト
キャンパーの情報広場
キャンピングカー基礎知識
お役立ちリンク
日本RV協会ニュース
協会会員名簿
JRVAトップキャンパーの情報広場 > キンピングカーのマナー・ゴミ問題-シンポジウム「より良きくるま旅を目指して」開催

 

 

キンピングカーのマナー・ゴミ問題

シンポジウム「より良きくるま旅を目指して」

トップ出席者プログラム内容開会の挨拶講演1 ・ 講演2 ・ 講演3 ・ 講演4
ディスカッション1 ・ ディスカッション2 ・ ディスカッション3閉会の挨拶

基調講演1 マナー違反への警鐘 【中島祥和】

私は、学生時代に山岳部に在籍していたので、今でも自然が大好きで、冬はスキーをやり、夏はシュノケールを使って海に潜っている。だから、キャンピングカーで旅をしている方々を嫌いだ思ったことはまったくない。
しかし、目に余るようなマナー違反をしているユーザーさんの姿を見ることが多いので、このままでは、きちんと旅をしている方々が、逆に排斥されるのではないかと気になっている。

私は、群馬県の草津町によく泊まっているが、そこの道の駅の駐車場は、シーズンや連休ともなると、キャンピングカーも含め、ワンボックスカー内に寝られるような装備を積み込んだ人たちのクルマに占拠されてしまう。草津の町には、源泉の出る17の町湯があり、すべて無料で入れるようになっている。

それを求めて、シーズンになると、駐車場に何日も泊まるクルマが出てくるのだが、見ていると、目の前でラーメンの汁を土手にぶちまける人や、掃除用の電源や自販機の電源を引き抜いて給電したり、飯を炊いたりする人までいる。

また、キャンピングカーのトイレ処理を「道の駅」のトイレで済ますのは仕方がないとしても、その洗浄をトイレ横の水道で行ってしまう人もいる。そのような人たちの行動が、町の方でも問題視されてきて、草津町長は、ついに駐車場の使用制限を考えなければならないと言い出し始めた。
これは草津町という狭い地域の話かも知れないが、身近なところでそういう問題が起こっているということは、どこのパーキングエリアや道の駅でも、既にそのような問題が起こっていることを示唆していると思う。

そういう問題が起こる原因にひとつに、テレビなどの報道の仕方がまずいのではないかという気がしている。テレビでキャンピングカーの特集を組むことが多くなったが、ほんんどの報道は、キャンピングカーさえ買えば、「いつでも、どこでも、無料で泊まれる」と誤解させるような構成を取っている。

しかし、現実的に考えると、日本でただで泊まって、水や電気を使って、風呂に入れるような場所など皆無のはずである。そもそも公共の駐車場そのものが、無料で何日も泊まれるというようなことは、一言も謳っていない。そういうことを、これから増えてくるユーザーに教えていかないと、そのうちとんでもない大問題が起きてくるのではないか、と感じている。

基本的に、私は、キャンピングカーでアウトドアを楽しむということは、そもそも「贅沢な遊び」だと思っている。贅沢な遊びというのは、お金がかかるものだ。

もし、温泉を楽しんで、その近辺をドライブしたいと思うなら、熱海や伊豆や群馬県の奥地の温泉地には、安いリゾートマンションがたくさん出ているので、それを購入してもよいはずなのだ。
マンションのなかには、中古ならば200万円から300万円というものもある。500万円も出せば、立派な風呂付きのマンションが手に入る。その方が、キャンピングカーを買うよりも、場合によっては安く遊べるはずだ。

そういうマンションよりも高いキャンピングカーを買うというのであれば、やはり、それは「贅沢な遊び」といえるだろう。

ならば、お金がかかることも覚悟しなければならない。「贅沢」を買う以上は、人に迷惑をかけてまで旅を安くあげようなどと思わず、出費する場所では出費を惜しまないようにして、バランスをとって生活しないと、他の人たちが巻き添いを食うことになる。日本には、キャンプ場という便利な宿泊施設があるにもかかわらず、そこにお金を払うのが嫌だから道の駅に泊まるというのは、いかがなものかという気がする。

そこで提案だが、キャンプ場以外にも宿泊場所を拡張しようと思うのなら、キャンピングカーユーザーに限って特別に開放してくれる場所を、新しく開拓するという手もあるのではなかろうか。今、夏場のスキー場や役所関係の駐車場や、国の林野庁などが管理している駐車場には、夜になると空いているところがたくさんある。そういう場所は山の上にもあるし、町の近辺にもあるし、リゾート地にもある。

そういう場所を管理している機関と話を進め、「マナーを守らせるから一夜限りの仮眠を認めてくれないか」という働きかけを、RV協会ほか関連組織がトライしてもいいのではなかろうか。

そういう交渉は、一気に国を相手に行おうとしても無理がある。それよりも、観光客を誘致したいのに、施設も何もなくて困っているような市町村を探し、市町村単位で個別に交渉してみる方がいい。一ヵ所でも、それを受け入れてくれる場所が出てくれば、市町村レベルは「右にならえ」に流れる傾向がある。
ただ、その場合、そういう場所の使用を申し込んだ人間が、「優良ユーザー」であることを証明してあげる作業も必要となる。
たとえば、特別に使用を許されたステッカーを持っている人たちとか、ライセンスを持っている人たちに限定するわけだ。

スクーバダイミングを行うにはライセンスが必要であるが、それは別に公に認められたものではない。しかし、スクーバをする時にライセンスを取得することはダイバーの常識となっている。
キャンピングカーを売る場合も、RV協会の方でマナー講習会を開くなどして、新規参入者に教育していくシステムをつくり、その講習会の受講者にライセンスを発行するなどという処置をとってみるのはどうだろうか。

基調講演1 マナー違反への警鐘 【中島祥和】おわり

前へ          次へ

▲上へ 

 

JRVAについて | くるま旅 | 個人情報の取り扱い | JRVAへのお問い合わせ | サイトに関するお問い合わせ | サイトマップ
Copyright (C) Japan Recreational Vehicle Association Office . All Rights Reserved.