キャンピングカーの日本RV協会-JRVA
jrva.comを検索 www を検索
キャンピングカー・ビルダー、ディーラーが加盟する一般社団法人日本RV協会(JRVA)が提供するキャンピングカー情報
トップページ文字を大きくする方法
イベント情報
会員新着情報
新車・新製品情報
レンタル情報
くるま旅WEBサイト
キャンパーの情報広場
キャンピングカー基礎知識
お役立ちリンク
日本RV協会ニュース
協会会員名簿
JRVAトップキャンパーの情報広場オーナーレポート「軽キャンピングカー」 > 千葉県・横堀尚久さんのレポート

 

 

維持費が安くわが家にぴったりのキャンピングカーです

オーナー名 横堀尚久さん
オーナー様の年代 30歳代
所在地 千葉県
キャンピングカーのタイプ 軽キャンパー
キャンプ歴 家族全員(子供と一緒)
キャンピングカー経験歴

1年

軽キャンピングカー購入時期 2006年12月
くるま旅会員 -
掲載日

2007/08/27

軽キャンパーを購入するきっかけは?

軽キャンパーを購入する前は軽のワゴン車に乗っていました。これも4ナンバーでしたが、手狭になったため買い替えを考えていました。条件としては遊びに行くだけでなく、買い物や日常の足として使えるクルマが必要であったため、次のポイントで選びました。1つは車高制限をほぼ気にせずにすむこと、2つめは燃費がよく、税金が安いなどランニングコストが低いこと、3つめは狭い道でもラクに走れるという条件で選びました。

じつは今から6年ほど前のことですが、別の軽キャンパーにあこがれました。しかし、当時は軽ワゴンを買ったばかりで軽キャンピングカーに手を出せませんでした。そのため軽ワゴンをあるビルダーさんにワンオフで改造してもらい、チャイルドベッドとFFヒーター、サブバッテリーなどを取り付けてもらいました。現在の車がキャンピングカーとしては初めてのクルマですが、すでに改造した軽ワゴンの時点で軽キャンパーの魅力にはまっていました。
そうした当初の思いはあるきっかけで実現しました。ある軽キャンピングカーが発売されたばかりのころにお台場のキャンピングカーショーを見に行って、4人乗りの軽キャンピングカーが欲しいと思っていましたが、そうした思いをすっかり忘れかけたころにこの現在の愛車を発見して即、発注しました。

現在の軽キャンパーを購入する決め手になったのは、やはり軽自動車枠に収まっていることですね。まず車高が2m未満のため一般的な駐車場の車高制限をほぼクリアでき、乗用車が入れる駐車場ならばまず入ることができます。それと軽自動車のサイズぎりぎりいっぱいまで作り込まれているため、とくに室内の天井付近が広く開放感があります。それにポップアップルーフのため室内で立って着替えることなどが余裕で出来、ポップアップルーフ部分の開放感が大きいのも気にいった点です。デザイン的にも全体のフォルムがキュートで、エントランスドアの丸窓などがアクセントになっています。
 
車両価格はベース車を考えると高いと思いますが、キャンピングカーとして考えると妥当な価格だと思います。しかし、動力性能という面ではちょっと不満もありますね。というのは前に乗っていたのがどれも軽のターボでしたからパワーの差を感じます。以前乗っていた軽ワゴンも軽キャンパーとほぼ同じ車重になっていましたが、ターボのおかげで登坂車線に入ったことはほとんどありませんでした。今は軽トラックのベース車にターボ仕様が設定されなくなってしまったので仕方ないのですが、なんとか愛車をターボしたいですね。でも同じ軽でもエンジンの仕様が微妙に違い、ターボ化は簡単ではないようですぐにはできそうもありません。
  購入時はポップアップ部の耐寒性が気になっていましたが、真冬のスキー場でもまったく問題ありません。ルーフに寝る息子は夜暑いからFFヒーターを消してくれというほどです。わが家にとって軽キャンパーはぴったりのキャンピングカーです

●横堀さんの軽キャンパーは8ナンバーではなく、初の4ナンバー登録。条件を満たすために600×800mm以上のリヤドアが必要だった

オーナーレポート「軽キャンパー」一覧へ戻る

 

あなたのキャンピングカーライフも是非みなさんに発表してください!“キャンパーの情報広場” オーナーレポート大募集

▲上へ 

 

JRVAについて | くるま旅 | 個人情報の取り扱い | JRVAへのお問い合わせ | サイトに関するお問い合わせ | サイトマップ
Copyright (C) Japan Recreational Vehicle Association Office . All Rights Reserved.